CTOのやりがい・楽しさ・魅力

CTOのやりがい・楽しさ

大きな権限をもって仕事に取り組める

CTOは技術部門の責任者として仕事上の大きな権限があります。

技術の選択や、開発の進め方、予算の配分などさまざまな権限があり、社内に与える影響も大きいです。

実力や責任感も求められますが、大きな権限をもって仕事に取り組めることにやりがいを感じる人は少なくありません。

意思決定が顧客の価値に直接影響する

CTOは製品やサービスの開発にも重要な役割を果たしています。

CTOが行う技術分野や研究分野の選択が、顧客の価値に直接影響することは大きなやりがいでもあります。

新たに導入を決定した技術によって、顧客満足度が高まり、企業価値が高まることはCTOとして非常に大きな喜びです。

その分、ひとつひとつの意思決定を丁寧に、しっかりと行うことが求められます。

自分の成長が企業の成長に直結する

CTOの持っている技術や見識、マネジメント能力やコミュニケーション能力は、企業の技術力に大きく影響します。

そのため、CTO自身が成長することで、企業によい影響を与えることが可能です。

たとえスタートアップ企業だとしても、実力や成長力のあるCTOを抱えている企業は将来的に大きな飛躍を期待できます。

そのため、日々の学習やさまざまな努力ひとつひとつにやりがいを感じるCTOも少なくありません。

CTOの仕事内容・役割

CTOの魅力

経営に参画できる

CTOは技術だけではなく経営的な視点も求められ、たとえ役員ではないとしても社内の重要な会議に参加する機会も多いです。

技術経営を志向する企業が増える中で、取締役につく人も多くなっています。

自社の技術的優位性を技術者の視点から判断できる人がいることで、企業は自信をもって事業に取り組むことができます。

会社のことを考え、技術的なサポートや提案を行うCTOの働きは、会社の経営に与える影響が大きいです。

キャリアに箔がつく

CTOを経験したことがある人は、その技術分野の知識だけでなく、経営やマネジメントの能力も有した人材と評価されます。

そのためキャリアに箔がつき、転職市場でも有利で、ヘッドハンティングの対象にもなります。

技術的な課題を抱える企業からはのどから手が出るほど欲しい人材であり、厚待遇で迎えられる可能性も高いです。

先端技術に携わることができる

CTOの最大の魅力は、やはり技術者として先端技術に携わり続け、第一線で活躍できることです。

企業の発展のために技術を深く学ぶことは、技術者としての自分自身にも大きな喜びに違いありません。

新しい技術を学び、新しいアイデアが思いついたときのワクワク感は他には代えられないものです。

常に新しいものを求める技術者にとって、最新技術に触れる機会の多いCTOは心をくすぐる仕事といえるでしょう。