CTOの1日のスケジュール・生活スタイル

CTOの業務スケジュール

CTOは仕事の性質上、時間を定めずにフレックス制の業務スケジュールで働く人が多いです。

高度プロフェッショナル制度の対象として、出勤日や残業時間などの制限がない人もいます。

CTOのタイプによってもパターンはが異なり、現場で研究や開発を担当するタイプのCTOの場合はゆっくり出社して夜遅くまで作業をしていることが多いです。

マネジメントを中心にするタイプのCTOは、メンバーや関係者に合わせる必要があるため、会社の定時に合わせて動き、適宜残業などを行います。

いずれにせよ、自分の仕事だけでなく、企業の技術分野の責任をとる立場ですので、しっかりと職務を果たせるスケジュールを各自が考えて働いています。

製造業で働くCTOの1日

6:00 起床・情報収集
新聞や業界紙などを読んで情報収集を行うために早起きの人が多いです。
8:30 出社
定時よりも先に来て早めに仕事に手をつけます。
9:00 役員会議
会社の役員による会議に出席し、会社全体の重要課題を検討します。
11:00 社内事務
報告の確認や、必要な連絡、承認作業などを行います。
12:00 昼食
関連部署の社員と食事をしながらコミュニケーションをはかります。
13:00 部署レビュー
部署の会議に参加し、業務の進捗状況や課題について把握します。
14:30 営業同行
重要なクライアントに対する技術説明のため営業担当者に同行します。
16:00 R&Dレビュー
研究開発(R&D)を担う部署と会議を行い、進捗や課題について話し合います。
17:30 事務作業
各種の検討を行ったり、報告などの処理をしたり、会議や講演のための資料を作成したりします。
19:30 退社
退社後も社内外の人との会食や会合があり、夜遅くなることも多いです。

IT系企業で働くCTOの1日

8:30 メールチェックなど
混雑する出勤時間を避け、自宅でメールチェックなどは処理します。
10:30 出社
その日のスケジュールに問題がない範囲でのんびり出社する人も多いです。
11:00 会議
プロジェクトの進捗確認を行い、必要なら技術的な問題について相談を受けます。
12:00 昼食
13:00 研究開発作業
取り組んでいる課題の解決に向け、実際に研究や開発を行います。
15:00 会議
会社の役員会議や企画会議などで、技術責任者としての立場から意見します。
17:00 研究開発作業
自分の業務分野の他にも技術的な問題の解決に向けた研究や検証作業を行います。
18:30 個別レビュー
社内のエンジニアの個別の相談を受け、必要な技術支援や社内調整を行います。
19:30 研究開発作業
人が少なくなる時間から、自分の任された研究や業務に没頭する人も多いです。
22:00 退社
その日の予定や進捗目標をこなしたら退社します。
24:00 メールチェック、技術学習
帰宅後も社内事務の続きや、技術の学習をしている人もCTOには少なくありません。

CTOの勤務時間・休日