財務専門官の1日

財務専門官の1日の流れ

財務専門官の勤務時間は、原則として、1日7時間45分と決まっています。朝から夕方ごろまで日中働くスタイルが一般的ですが、1日の過ごし方は配属先や担当する業務等によって多少異なります。

財務専門官といっても業務は幅広いですが、ここでは新人財務専門官の1日の過ごし方をご紹介しましょう。

財務局に勤務する、ある新人財務専門官の1日

<国有地の管理・運用業務に携わる職員の場合>

08:00〜08:30 出勤

始業時間よりも早めに出勤し、業務に必要な専門知識を学ぶ時間にあてます。

09:00 業務

外部からの電話対応を中心に担当します。また、国有地の管理業務に関し、入札の問い合わせ等で来局されたお客さまの対応を行います。

12:00 昼食

財務局内の食堂で食べることがほとんどです。同僚や先輩・後輩と会話を楽しめる絶好の機会です。

13:00 現地調査

入札物件となる国有地の現地視察に出かけます。図面上との相違がないかといったことを確認します。

15:30 資料作成

報告書の作成など事務作業をします。

18:00 帰宅

特別忙しくない日は定時で帰れます。習いごとなど、プライベートの時間も充実させるように努めています。

<金融監督業務に携わる職員の場合>

08:00 出勤

職場に着いたら、まず新聞チェックは欠かせません。

09:00 金融庁からの調査依頼

金融機関への調査依頼が入ります。調査の目的・方法をしっかりと理解して臨むことが求められます。

12:00 昼食

同期と一緒に外に食べに行くことが多いです。みんなががんばっている姿を見て、活力をもらいます。

13:00 金融機関のヒアリング

決算状況などについて、結果とその原因に対するヒアリングを行います。

15:00 社内業務

金融機関からの電話対応や、公表用の決算資料作成等を行います。重要な書類なので、ミスのないように集中力が求められます。

18:30 帰宅

仕事後は、職場のスポーツサークルで汗を流し、リフレッシュする日もあります。