テレビプロデューサーとテレビディレクターの違い

デスクワークか現場か

テレビ番組制作に携わるスタッフには、プロデューサーやディレクターなどさまざまな役職があります。ここでは、プロデューサーとディレクターの違いを紹介します。

まず挙げられるのは、番組の予算管理・出演者キャスティングやギャランティの交渉、制作スタッフの割り振りなど、番組の大きな枠組みを決めるのがプロデューサーです。

一方で、プロデューサーが決定したその枠組みのなかで、ロケ・編集などを現場でおこなうのがディレクターの仕事になります。デスクワークが主な仕事内容なのがプロデューサーで、現場で演出するのがディレクターということです。

企画を通す役割

次に挙げられるのは、プロデューサーは新しい企画を考え、その企画を通すことも仕事です。芸能事務所とのコネクションや過去の番組制作経験を活かして、実現可能な企画を生み出します。

ディレクターも企画を考えることもありますが、原則として新番組企画をいくつ通せるかが、会社からの評価対象になるのはプロデューサーです。

責任者であるプロデューサー

そして、続いて挙げられるのは、番組制作における一切の責任を負うのがプロデューサーであるという点です。

ロケ、スタジオ収録、編集など現場で演出をするのはディレクターですが、各現場や放送で起きてしまった問題は、プロデューサーが解決し、一切の責任を負います。

チームを決める

最後に挙げられるのは、自身の担当番組の制作スタッフを決定するのがプロデューサーだということです。制作の現場は常に人手が足りないので、フリーの番組ディレクターを起用することが多いです。

その時に、知り合いのディレクターと連絡を取り、スタッフに入ってもらうよう段取りをつけるのがプロデューサーです。その他、カメラマンや照明、音声などの技術スタッフも決めることがあります。

このように制作チームの編成を決めるか決めないのかが、ディレクターとの大きな違いです。