テレビディレクターのやりがい

チームワークを感じられる

テレビ番組制作は、ものづくりをする仕事です。プロデューサー・アシスタントディレクター(AD)・放送作家・取材先・出演者、そして、技術スタッフなど、大勢の人間が関わっています。

彼らの協力がなければ、番組を作ることはもちろん、映像を撮影することさえできません。それぞれのポジションの人々が、力を合わせることによって、なんとか番組が作られるのです。

それは、学校の文化祭でクラス一丸となって、芝居をしたり、出し物をしたりする感覚に似ています。無事、番組が放送されたとき、周りにいる仲間に感謝したり、信頼関係を築けます。

ものづくりを通して築くチームワークは、テレビマンとして感じられる大きな魅力であり、やりがいのひとつでしょう。

反響があったとき感じるやりがい

テレビディレクターは、非常に忙しい仕事です。体を酷使しながらも、がんばっている現役の方々は、どんなやりがいを感じているのでしょうか?

ディレクターは、番組企画会議からロケ・編集まで制作のすべてに関わります。自分が撮影した映像を編集し、寝ずに作り上げた番組がテレビで流れたとき、大きな達成感を感じていることでしょう。

また、その番組の視聴者から反響が届いたとき、さらにやりがいを感じます。今では、Twitterなどインターネットでダイレクトに視聴者の声が届きます。その声を知ったとき、激務のなか仕事をやりとげたことに感動を覚えるのです。

成長できる仕事

しかし、番組を見た視聴者からの声には少なからず批判もあるでしょう。これら批判を真摯に受け止めることも大切です。

自分が作った番組の批判をきちんと知った上で、次の番組制作に取り組むことは、ものづくりをする者としての成長につながるでしょう。

「昔作った番組よりも、今作った番組の方が魅力的な番組だ」と胸を張って言えるテレビディレクターは、どんな批判の声が届いても、それを糧に番組作りをしているのです。

このように成長できることは、テレビディレクターのやりがいだと言えるでしょう。

仕事体験談