テレビディレクターの大変なこと、苦労

心身ともに大変な仕事

テレビ業界に働くテレビディレクターには大変なことが数多くあります。激務による睡眠不足や、なかなか休日をとれない勤務体系など、肉体的につらいことが多いです。

肉体的なつらさ以外に、精神的にキツいことも多々あります。たとえば、せっかく長時間をかけて制作した番組でも、突発的な問題でお蔵入りになることもこの業界ではよくあることです。

このように心身ともに苦労が絶えないのがテレビディレクターという職業です。芸能界と近しい職種であるため、華やかな世界に期待するだけで業界入りしてしまうと、つらさだけが目につくでしょう。

「いい番組をするんだ」という意気込みと根気が必要だということです。

人間関係を築くこと

テレビディレクターは、非常に大勢の人々と一緒に仕事をします。番組企画立案では、スポンサーに、ロケ現場・スタジオでは、カメラマン・取材先・出演者に、とさまざまな人々に気を使わなければなりません。

自らが描く演出プランを映像で表現するには、たくさんの人をコントロールしなければならないのです。そのためには、周囲の人々に対して想像以上の気遣いが必要です。

言うまでもなく、テレビは人間が作っています。プロのテレビマンとして、番組に関わる人々との人間関係を構築してはじめて、良い番組が作れるのです。

ディレクター業務以外の仕事

現在では、番組制作費の低さから、番組企画を考える放送作家がつかない番組も少なくありません。そのような番組は、ディレクター自らが台本を書き、構成案を作り、ロケを行わければなりません。

ディレクターが、ディレクターの域を越えた仕事もする時代なのです。ただでさえ仕事量が多いなのにもかかわらず、新たに仕事が上乗せされることで、ベテランディレクターでもさすがに音を上げる方もいらっしゃいます。

このように、苦労がたくさんありますが、番組が放送されたあとに視聴者から届く声を楽しみに日々、現場のディレクターは働いているのです。

仕事体験談