通訳案内士の採用・募集状況

派遣会社などへの登録

通訳案内士の就職活動で、もっとも多いのが、通訳の派遣会社や団体に登録することです。資格さえあれば、登録を受け付けてくれるところはたくさんあります。

全国にいる登録者の中から、通常、ツアーの行き先となる土地にいる人に、派遣会社や観光団体から仕事の依頼が来ます。条件や日程などの面で折り合えば、受注となります。

ただし登録先によっては、経験の長いベテランに紹介が行きやすいところもあるようです。また、研修が必要な場合もありますので、情報を調べながら、最初はできるだけ多くの登録を行ったほうがいいでしょう。

自分で自分を売り込む

通訳案内士の仕事をメインに、収入を増やしたいと思うのなら、ただ依頼を待つだけではなく、自分の足で行動することも大切です。

たとえば、旅行会社に営業をかける人もいます。その際は、なるべく旅行業界の繁忙期(おもに3月〜11月)を避けて、アポを取ったほうがいいでしょう。

とくに合格発表後の時期は、面談の依頼が殺到するようです。

言語によっては、すぐに人手がほしい会社がないとは限りません。新人であっても、得意分野を明確にし、できるだけ自分を売り込む材料を用意して、仕事を頼みたくなるようなアピールをしたいものです。

インターネットを活用する

今は、インターネットを使って情報を発信することもできます。ホームページを立ち上げたり、Facebookなどの、世界と簡単につながるSNSを利用するのも手です。海外から、直接問い合わせが来ることもあり得ます。

通訳案内士は信用が大切な要素となる仕事であるため、経験がある人に依頼が偏る傾向にあります。仕事をたくさん得るには、とにかく行動を起こして、自分という商品を売り込むことが大切です。

難関の試験にパスしてようやく取得することができる「通訳案内士」の資格。採用の窓口はたくさんありますが、仕事を得るのに大切なのは、自分の行動力といえます。