通関士に向いている人、適性

貿易に関する知識

通関士は、輸出入品の法律・税金などの手続きを行う仕事です。そのため、さまざまな商品に関する知識が要求されます。

商品に関する分別能力や商品に対する興味などが不可欠といえるでしょう。

もちろん、本来の仕事をこなすためには、貿易に関する法律・税金などの知識が必要です。

この辺りの知識は、通関士試験でストレートに問われますので、試験対策の勉強をすることが一番でしょう。

国際取引に興味がある

通関士は世界を相手とした仕事をするので、国際感覚も求められます。

使う英語がある程度限られているため、そこまで高度な英語力や会話力は必ずしも必要ではありませんが、最低限の英語力とコミュニケーション能力を鍛えておくことも必要です。

貿易業務、国際取引や海外の事情などに興味、関心を持っている人は通関士向きといえるでしょう。

事務作業が得意

通関の仕事は、貿易業務を支える重要な仕事です。業務の重要性をきちんと認識し、責任感をもって仕事にのぞめるような人が向いています。

通関士の仕事は、複雑な事務手続きを続けて行わなければなりません。

集中力と根気があり、コツコツと事務作業をすることができるような人は適性があるといえます。

ですが、通関士は常にデスクに座りっぱなしというような仕事ではありません。

貨物の確認に走り回ったり、重い荷物を運んだりすることもあるので、意外に体力も必要とされます。

コミュニケーション能力

通関士は審査が主な仕事ですが、仕事内容によっていろいろな人と接します。

輸出入するお客さまから商品知識の情報収集をしたり、税関への商品説明を行います。

お客さまに代わって、輸出入貨物を輸送する船会社や航空会社に貨物の到着日の確認をすることもあります。

情報を聞き出すことに加えて、説明だけでなく、交渉をすることも多いので、人と接することが好きな人がいいでしょう。

コミュニケーション能力が高いと仕事は格段にやりやすくなります。

分析するのが好き

輸出入の統計品目番号を振り分けは、税関が作っている関税率表解説・分類例規をもとに行います。

また、過去の事例や、関税法や関税定率法など、さまざまな法律書も合わせて見ていきます。

情報を集めて、それを分析しながら答えを導き出すのが好きな人は通関士に向いているでしょう。

そうはいっても慣れの部分も大いにありますので、はじめから高い分析力が絶対必要なわけではありません。