通関士の1日

通関士の仕事内容は、勤務先によって違います。また、同じ勤め先でも日によって異なります。

ここでは、最も多い勤務先である「通関業者」に勤めている通関士のある1日を見てみましょう。

午前中の仕事

8:00 出勤

税関の開庁時間は8時30分ですが、30分前には出勤します。

メールのチェック、その日に申告する申告書の再確認を行います。

8:15 ミーティング

当日の税関への申告について、以下のような内容の申し送りを行います。

・提出書類の変更の有無
・税関検査の段取り
・それぞれの通関士の本日の仕事状況

これは、通関従業者も交えて行います。

情報の共有や仕事の割り振りを行い、円滑に仕事が回るようにするためです。

なお、「通関従業者」とは、通関士資格は持っていないが、通関士同様に、書類作成などを行う人のことをいいます。

8:30 開庁

税関への各種申告を専用ソフトNACCSを用いて行います。(輸入申告、輸出申告等)

<税関へ書類提出>
申告を行った後、税関に書類の提出に出向きます。最近では、直接出向かなくても、専用ソフトで申告書類を送付することもできます。

しかし、なかには原産地証明書など原本を提出する必要があるものもあります。

また、カタログ提出が必要な場合や、税関へ細かな説明が必要な場合には足を運びます。

<税関検査立ち会い>
税関の現物検査になった場合、通関士も、検査場に出向きます。

税関職員からの質問への応対や説明を行うためです。

午後からの仕事

<税関申告書類 作成>
翌日以降に行う申告の書類作成を行います。

まずは、計算間違いなど書類に不備や漏れがないかを確認します。

次に、輸出入貨物の商品毎に、輸出入統計品目番号の選定を行います。

そして、最終的に専用ソフトNACCSにて申告書を作成します。

<税関申告書 審査>
通関従業者が作成した申告書と、提出する申告書類を審査します。

申告書と申告書類に相違がないか?
輸出入統計品目番号の選定が適当か?

を中心に確認を行います。

もし、訂正の必要があれば、書類作成者に訂正後、再提出をするように指示をします。

17:15 閉庁

税関の通常開庁時間です。

必要があれば、この時間以降も税関に申告を行えます(事前の臨時開庁依頼が必要)

17:30 ミーティング

税関対応での今日の問題点の共有、明日の仕事の申し送りを行います。

会社の体制によっては、ほぼ1日税関への申告と書類審査だけを行うこともあります。

しかし、基本的には上記のような申告に関わる仕事全般を行います。

また、地方港などの場合は、通関を依頼してきたお客様の対応、配達手配、請求書発行と一貫して行うことも少なくありません。

仕事内容で分担するか、お客さまごとの担当制とするかによって、仕事の内容は大きく変わります。

いずれにしても、通関士は通関を行うに当たり、重要なキーパーソンとなります。

審査だけでなく、税関対応、同僚やお客さまの相談役としても活躍しています。