パラリーガルの勤務時間・休日

パラリーガルの勤務時間

パラリーガルの勤務時間や休日は、勤務する法律事務所の規定によります。

勤務時間としては、月~金曜日の平日5日。勤務時間は9時または9時半から17時または18時で設定されている事務所が多いようです。

パラリーガルの休日

法律事務業務は裁判所や法務局といった機関での手続きがあるため、多くの事務所がそれらに合わせて開所時間や休日を設定されています。

そのため、土日が休みの週休2日、またお盆休みや年末年始といった長期休暇も取得できる事務所が多いでしょう。

有給休暇などその他の休暇については、中小規模事務所の場合、人員に余裕がないため取得しにくかったり、反対に弁護士との関係も密接なため相談しやすかったりと、勤務先によってさまざまでしょう。

一般的に、パラリーガルには女性が多いため、たとえば子どもの参観などで休まなければならないときなどに一定の配慮をしてくれるなど、女性が働きやすい職場環境が期待できるでしょう。

パラリーガルの残業

残業についても、勤務先によって大きく異なります。

大規模法律事務所や非常に忙しい事務所の場合、パラリーガルが抱える案件も多くなります。

たとえば裁判関連の書類作成の場合、期日までに提出しなければいけないことから、日常的に残業が必要となる場合もあります。

一方で、秘書業務が中心の場合で弁護士が法律事務の大半を処理する場合には、定時かわずかの残業で帰宅できる事務所も多いでしょう。

スケジュールの自己管理が必要

法律事務所で扱う事件は、人の人生を左右するような非常に責任の重い仕事であり、ミスが許されない仕事ともいえます。

また裁判関連の書類作成などでは期日が定められているため、それまでにどのように進めればいいかを自ら考えて弁護士と協力して進めていく必要があります。

そのため弁護士のスケジュールだけでなく、自分のスケジュールも管理して業務を進めていくことが重要です。