音楽家の求人・募集状況

ソリストはコンクール入賞が前提

音楽家といってもソリスト、オーケストラ団員、音楽講師など、さまざまな働き方がありますが、ソリストの場合、実力さえあればコンクールで上位入賞でき、すぐにでも一流の音楽家として世に認められる可能性があります。

とはいえ、そのような都合のいい話は夢のまた夢で、基礎を学び、厳しい練習を乗り越えながら、コンクールを受け続けるという人がほとんどです。

新たな音楽家の誕生は常に求められていますが、そこに至るまでの苦労は計り知れないものがあります。

オーケストラは欠員時の募集が多い

オーケストラ団員を目指す場合、各楽団のホームページなどで採用情報を探すことになります。しかし、オーケストラは各楽器で定員が決められていることも多く、欠員が発生した時のみ採用を行うということも少なくありません。

有名な楽団は求められるレベルも総じて高く、その上なかなか欠員が出ないこともあります。

そのため、日ごろは演奏のアルバイトや自主リサイタル、音楽講師の仕事などをしながら技術と表現力を磨き、採用が行われる時を待つという人もいるようです。

音楽講師の仕事について

音楽家の中には、音楽大学や音楽教室の講師として働いたり、個人レッスンを開く人もいます。このうち最も難易度が高いのは音大で、採用募集がかけられても、一般的に大学院を出ていることや、演奏実績が求められるケースが多いです。

競争率も高く、海外の有名な音楽院で学んだ経験のある人など、レベルの高い争いが繰り広げられるようです。

一方、音楽教室の場合はピンキリで、音大や音楽の専門学校出身者というだけで採用されることもあるようです。幼児から大人まで、幅広い世代の人が音楽を習おうとしているため、講師の需要は高まっています。

また、生徒を集められるだけの自信があるのならば、自宅やスタジオを借りて個人レッスンを開くという方法もあります。