女性の航海士

共同生活の中で

船の中での生活は陸上のものとはまったく違います。

使えるスペースが大変限られているため、トイレ、洗面台、風呂場などは共同で使用することがほとんどです。

また、共同スペースはトイレであっても風呂場であっても男女の区別がない場合が多く見られます。

もちろん交代で使用すればよいのですが、若い女性の航海士であれば神経を使うことも少なくありません。

生活に不可欠な水は船に積み込める容量に限りがあるため、航海中は節水に努めなくてはなりません。シャワーをゆっくり浴びるといったリラックスの仕方は、航海中は我慢する必要があります。

洗面台で念入りに洗顔することも出来ませんし、洗濯機に使う水量にも気を使います。

また洗濯物を干す場合も、他の船員の目に触れないようにするのに一苦労します。

体力を消耗する

船上作業を行う際には専用の作業着着用が義務付けられています。ゴム手袋もしくは皮手袋を着用し、安全帽、安全靴も必要になります。

作業内容によっては救命胴衣を着用することになり、それらすべての総重量だけでも相当なものになります。

作業中には安全が最優先されるため、作業着に通気性や装着性の良さは期待できません。

甲板での作業は海面からの照り返しがあるため、真夏などには体感温度が上昇します。

女性にとってただでさえきつい船上での体力仕事は、重さと暑さとの戦いでもあるのです。

過酷な環境の中で体調を崩してしまってもすぐには病院にいけない航海士には、普段からの健康管理が求められます。

力仕事ばかりではない

女性の航海士にとって、性差によって仕事が疎かになるのは最も避けたいことの一つです。

そのためには、船上に搭載されているさまざまな機器のオペレーションに精通することで挽回をはかることが重要です。

近年は専門機器を操作する仕事が増え、女性が活躍できる場も広がっているといいます。

資材・荷物の積み下ろしを行うデッキクレーン、エンジンや燃料に関わるボイラー機器、船を操縦するためのレーダー機器など、複雑な操作が必要とされる専門機器を使いこなせば、女性であっても航海士としての任務は立派に務めることができることでしょう。