ジャーナリストに向いている人、適性

仕事に対する情熱が必要

ジャーナリストは、物事に対する旺盛な興味と関心を持ち、それらを深く掘り下げていく探究心が求められます。

その上で、疑問が生じたら徹底的に追求するとともに、政治や権力に対して厳しい批判精神を持つことが重要です。

ジャーナリストは、自分ひとりの力で、社会や政府に対してさまざまな提言、アドバイス、時には批判を向ける必要があります。

逆に、反対意見を持つ人たちや反対勢力から圧力を受けることも覚悟しなければなりません。

そうした厳しい仕事であるだけに、ジャーナリストは精神的にきわめて強靭な意志と仕事に対する情熱が求められます。

自ら考え、表現する

逆に言えば、一般的な会社組織の中で、決められた枠内で、言われた仕事をこなしているだけのような人は、ジャーナリストには向いていないかもしれません。

ジャーナリストは、決められたことをこなしていたのでは、仕事になりません。

もちろん、編集者や出版社との契約、打ち合わせなどで、大きなテーマを与えられる場合があるでしょう。

しかし、それはあくまで、一つの課題であって、それを解決する方法、切り口などは、ジャーナリスト自らが考え、それを原稿にし、時には、講演などで、聴講者に提示することが重要です。

批判精神が求められる

ジャーナリストに求められる批判精神は、とくに、政治、経済、社会関係のジャーナリストにより必要になってきます。

もちろん、スポーツ、文化関係のジャーナリストにもそうした批判的評論は必要ですが、その度合いはやや小さいといえます。

政治、経済、社会関係のジャーナリストに批判精神、批判的態度がとくに求められるというのも、読者に対して、現状の改善策、将来の方向性、望ましいあり方を示す必要があるからです。

たとえば、経済に関して、ジャーナリストの解説・評論が、景気動向の現状分析や景気停滞の要因分析だけに、終始したのでは、編集者や読者は物足りない印象を受けるに違いありません。

より突っ込んだ解決策や将来の的確な見通しがほしいと思うのは当然です。

そのためには、政治や社会に対して、一定の批判を加えたり、警鐘を鳴らす必要があるのです。

そうした形で評論・解説などを行うのが、ジャーナリストなのです。

現状分析やそれまでの経緯などは、新聞、雑誌の記事で十分なのです。

自己管理が大切

ジャーナリストの深い洞察力や批判力は、一朝一夕にして身につくものではありません。

新聞社、雑誌社、テレビ局などでの長い記者生活の中で培われるものです。

それと同時に、日ごろの探究心、観察力を磨くことも大切です。

さまざまな場所にでかけ、人に会って話を聞く、多くの書物、出版物から情報を得る、そうした努力が必要でしょう。

仕事柄、ジャーナリストの生活は不規則になり勝ちですが、自分自身で、仕事や生活のスケジュール管理を徹底し、気ままな生活に陥らないよう努力が必要です。

また、健康にも注意が必要です。ジャーナリストには、タフな精神と強靭な取材力、体力が求められます。