JICA職員の研修

知識や方法論の不足を補う

晴れてJICA職員になれたとします。

たとえ社会人採用枠で、前職で専門的な仕事をバリバリこなしていた人でも、国際協力マネジメントの仕事を初めから完璧に行うことはできないでしょう。

新卒採用で、社会人経験がない場合はなおさらです。

そのような知識や方法論の不足を補うために、JICA職員にはさまざまな研修制度が用意されています。

階層別研修

階層別研修とは、職員それぞれのキャリアパスに合わせた研修のことです。

JICAに入構したての職員に対しては、JICAの組織やワークフローについて学ぶため、採用時導入研修が用意されています。

この段階で、国際協力事業のイロハを学ぶことができます。

入構して数年を経た中堅職員に対しては、組織の中でどのような役割を担うべきかについての中堅職員研修が行われます。

ここでは、適性や特色を見極めて将来のキャリアプランに役立てるサポートも含まれています。

管理職レベルの職員に対する管理職研修もあります。部下の能力を生かしながらチームを率いていく方法論やモチベーションについて確認していきます。

専門研修

専門研修は、業務に当たる上でのアカデミックな知識を補う研修です。

プロジェクトマネジメント研修では、プロジェクトの進行管理を行う上でのノウハウを学びます。

地域別研修では支援対象地域の現状や課題について理解を深め、分野・課題別研修では事業分野ごとの最新情勢や技術について学びます。

その他、経済・金融・法務など、事業に直接関わる知識についても学ぶ研修も用意されています。

語学研修

JICA職員として働くためには英語が必須です。英語力を高めるための語学研修も受けることができます。

また、JICAの支援地域ではアフリカ諸国や中南米諸国が大きな割合を閉めているため、これらの国の多くで公用語に定められているフランス語やスペイン語を学ぶ語学研修もあります。

こうした手厚い研修制度を用意することで、職員の専門性を広げ、高めていこうとするJICAの意図が見てとれます。