JETRO職員のつらいこと、苦労、大変なこと

コンプライアンス(法令遵守)が厳しい

独立行政法人であるJETROは、日本政府の代理機関として日本経済の発展に尽力します。公的機関として、取引先の国の法律を守るのは当然のこととして求められます。もし故意ではなくても、法律を破ってしまうと国と国との問題に発展するからです。

多数の国と、様々な分野における貿易案件や海外進出案件を扱いながら、企業に対して行うアドバイスにコンプライアンスを徹底するのはとても大変なことです。実際のところ、このコンプライアンスに気を遣いすぎるあまり、現場が疲弊している、という声もあるようです。

転勤が多い

JETROは日本各地・世界各地に100か所以上もの事務所を持っています。すべてに常に人員を配置しておかなければいけないわけですから、自然と職員の転勤は多くなります。

頻度は3-4年ごと、赴任期間は3年ほどのことが多いようです。こうなるとかなり目まぐるしく各地を飛び回らなければいけません。家庭を持っている人には、家族にも移動を強いることになったり、単身赴任の場合には家族と過ごす時間が確保できない、といったつらさがありそうです。

発展途上国での駐在

もちろん海外事務所への赴任もありえます。JETROでは発展途上国にも多くの事務所を構えており、中には治安の悪い国や、インフラの発達が遅れている国や地域も含まれます。そういった事務所に赴任しても、現地で安全・体調管理をして、しっかり業務を進めることを求められます。

また業務上で使用するのは英語だとしても、日常生活で英語が通じにくい英語圏以外に3年間住むとなると、現地の言葉を勉強する必要が出てくるでしょう。言語学習もJETRO職員が苦労するポイントです。

ちなみに、国内事務所・海外事務所への転勤があるのは総合職の職員のみです。一般職職員は、原則として東京と千葉の勤務のみになります。