JETRO職員の語学力、英語力

採用選考時の語学力・総合職の場合

JETROの新卒採用専用ホームページQ&Aには、選考時の語学力についての記載があります。

総合職の場合、選考における英語もしくはその他の言語についての明確な基準は設けていないとのことです。つまり、各種英語検定試験の結果の提出を求められることはありません。JETROが重視しているのが語学力とは別の能力(専門分野の知識やコミュニケーション能力など)であることが、この点から伺えます。

しかし国際ビジネスの場での交渉やマッチングを行うJETROの総合職の業務上、十分な語学力は必須です。そのため、各種英語検定試験で良い成績を納め、選考の際にアピールすることはプラスになるでしょう。

また、入構後2年以内にTOEIC730点の取得を求められます。加えて、初級中国語習得のための研修も受講することになります。

一般職の場合

一般職の業務は一般管理事務であり、日常業務で英語その他の外国語を使うことはありません。そのため、選考時も入構後も語学能力検定試験の受験を求められることはありません。しかし配属される部門によっては、日常的な読み書き程度の英語力を求められることが想像されます。

海外赴任時の語学力

入構後2年以内にTOEIC730点取得というのは、それほど高い要求水準ではありませんが、海外事務所で業務をこなすことを考えると、現実的にははるかに高い英語力が必要になってくるでしょう。英語が母国語であったり、公用語になっている国の場合はなおさらです。

そのため、海外赴任を希望する人は、入構後から将来を見据えて英語力の向上に勤める必要があるでしょう。

また、英語圏や英語が通用しやすい国以外に赴任する職員は、現地で生活を送る上である程度の現地語を学ぶ必要があるでしょう。現地語を少しでも話せれば、業務上の人間関係にも好影響を与えることにもなります。