医療事務への転職

将来性から転職を希望する人も

終身雇用制の崩壊、長引く不況の影響などから「手に職をつけて働きたい」「ずっと役立つ資格を取得したい」と考え、医療事務の仕事に興味を持つ人が増えているようです。

そして、医療業界は高齢化の進展にともない、ますます拡大しています。

そのような医療業界で活躍する医療事務は今後も大きな需要が見込まれる仕事であり、注目されるのは当然ともいえます。

実際、医療事務は長年勤務する人も多く、非常に安定した職種であるといえます。

そのため、今まで医療事務の経験がない人が、「転職」という形で医療事務を目指すケースが増えてきています。

未経験者は資格の取得から検討を

医療事務は、未経験者でもPCスキルが高かったり、前職の業務内容などによっては問題なく採用される場合もありますが、病院やクリニックの多くは経験者を採用したいと考えるようです。

そのため、未経験者が医療事務への転職を考える場合、アピールポイントとして資格の取得を考えたほうがよいでしょう。

もちろん、やる気や熱意が伝われば未経験者でも病院に採用されることはありますし、仕事をしながら経験を積んで資格を取得する方法もあります。

しかし、条件のよい病院には多くの就職希望者が集まりやすく、未経験者が採用されるのはなかなか難しいものがあります。

医療事務の資格

そこで、先に資格を取得してから転職活動をする人も増えているようです。

医療事務の資格は国家資格ではなく、さまざまな団体が認定する民間資格が複数存在している状態です。

そして、それらは医療事務全般の知識が問われるものから、「医科」「診療情報」「レセコン」といった各分野に対して専門的な知識が必要なものまでさまざまです。

医療事務全般の知識が問われる試験は合格率も比較的高く、取得しやすい傾向にあります。

最初は「医療事務技能審査試験」など合格率が高い試験で資格を取得し、その後、専門的な勉強をして難易度の高い資格を取得していくとよいでしょう。

経験者は優遇されやすい

医療事務は未経験者の募集も多くありますが、レセプト業務など専門的なスキルが必要とされる仕事もあるため、経験者が優遇されます。

とくに大きな病院などではレセプト業務などは膨大な量になるため、仕事の流れを知っている経験者は貴重な存在となります。

医療事務の人気が高まるにつれ、今後は転職が今よりも厳しくなることも考えられます。

資格取得や知識・スキル向上に対する強い意志と努力が必要になるでしょう。

仕事体験談