医療事務のやりがい・楽しさ・魅力



医療事務のやりがい・楽しさ

患者さんとのコミュニケーション

医療事務は人と接することが多い職種で、なかでも病院に訪れる患者さんとはたくさん接します。

しかし、サービス業での接客と異なり、病院に訪れる人は具合が悪かったり、何か病気やケガを抱えて通院したりしているため、そのことを踏まえた接遇をする必要があります。

たとえば、患者さんが強く病状を聞きたがったとしても、診療にかかわることは自分の判断で絶対に話してはいけません。

医療事務の仕事では、そうした「うっかり」が許されないこともあるため、職場のルールを守り、責任感を持って仕事に臨むことが求められます。

そういった厳しい面はありますが、誠実に対応すれば患者さんに感謝されることも多いのが医療事務の仕事です。

人から感謝をされる喜びを得られるのは、医療に関わる仕事のやりがいだといえます。

医療に関する知識が増える

医療事務の仕事をしていると、一般的な事務の知識だけでなく、医療に特化した専門知識が増えていきます。

治療行為や薬、検査に関する知識から、保険や医療費についての知識まで、医療事務についているからこそ身につくものがたくさん得られます。

初めのころは日々が勉強の繰り返しになるため大変だと感じることも多いですが、それだけ自分のスキルアップを実感できる、やりがいのある仕事です。

また、医療事務の仕事のなかで習得した知識は日常生活にも役立つため、いざという時の武器になるのも強みだといえます。

社会的に意義がある仕事

医療事務は、医師看護師とは異なり診療行為をおこなうことはできません。

しかし、医療事務も医療関係者の一員であり、医療事務というサポートがあってこそ、病院やクリニックでの診療が円滑におこなわれるといっても過言ではありません。

医療に貢献している病院やクリニックを縁の下の力持ち的に支える医療事務は、社会的に意義のある仕事としてやりがいのある仕事です。

医師や看護師など、他の専門職スタッフと上手に連携やコミュニケーションが図れたと実感できた瞬間は、喜びはより大きなものとなるでしょう。

医療事務の仕事内容

医療事務の魅力

スキルや資格を生かして全国で活躍できる

いま日本は少子高齢化社会を迎え、全国的に病院や診療所の数は増加しています。

どの医療機関であっても医療事務は必要であることから、医療事務の需要は大きくなっています。

実際に医療事務の求人を探してみると、年間を通して募集があることが分かります。

また、病院や診療所は日本全国どこにでもありますから、場所を選ばず仕事をすることができます。

医療事務として身につけた資格やスキルを武器とし、さまざまな職場の選択肢のなかから自分に合う職場を選ぶことができるのは、医療事務の魅力のひとつです。

家庭や子育てと両立しながら長く続けていける

女性が生涯にわたって長く仕事を続けていく場合、人によっては「結婚」や「子育て」といったイベントにぶつかることがあります。

とくに子育てしながら働きたいと思った場合、子どもを保育園などに預けなくてはならず、金銭的な負担がかかります。

また、子どもを保育園に預けても送り迎えをしなければいけないため、フルタイムで働くのは難しいところがあります。

子育て以外にも、家族の看病などさまざまな事情があるなかで仕事をしたいと考えたとき、医療事務は正社員だけでなく、契約社員やパート・アルバイトといった雇用形態で働くこともできます。

多様な雇用形態の選択肢があることにより、勤務時間や出勤日を調整することができるのは、医療事務の大きな魅力のひとつです。

そして、医療事務の場合、アルバイトといっても経験者の場合はレセプト業務など責任のある仕事もしますから、雇用形態にかかわらず責任ある仕事ができるというのはやりがいを感じるところでしょう。

医療事務の「やりがい」の口コミ投稿

  • やりがい
    5.00
    やりがい
    5.00

    医療事務 hissa515さん

    27歳 女性 経験5年 東京都

    退職済み(正社員)


    患者さんや一緒に働く仲間、医師たちに感謝される瞬間がもっともやりがいを感じられます。

    定期的・継続的にお会いする患者さんも多く、一人ひとりの患者さんを覚えて状態を把握することで、目の見えない方のお手伝いや耳が不自由な方への筆談など、自発的に起こした行動で必ず誰かが助けられることを実感できます。