医療事務の仕事内容



医療事務の仕事とは

医療事務とは、病院やクリニックで、医療に関わる事務処理や経理をおこなう仕事です。

医療に関する専門的な知識が求められるため、同じ事務の仕事でも、一般事務とは別に「医療事務」という呼ばれ方をします。

医療に関する知識が必要となる仕事ですが、必ずしも求人の際に専門知識がいるわけではなく、特別な資格や免許もとくに必要ありません。

ただし、医療事務に関連する資格を持っていると、採用のとき有利となる場合があります。

医療事務には、患者の対応から医療費の計算、医師看護師のサポートまで、幅広い業務があります。

病院の顔となる受付から裏方の仕事までを担う医療事務の仕事は、医療の現場に欠かせない存在です。

専門性が高くやりがいを持って仕事ができるため、人気の高い職業です。

医療事務の業務内容

医療事務の業務内容は勤務先によってさまざまですが、おもな業務は下記の通りです。

受付窓口業務

「病院の顔」として患者さんの対応をします。

初めて来院した患者さんに診察券の発行をしたり、保険証・診察券を提示してもらい期限や保険者番号を確認したりします。

初診の場合にはカルテの作成もおこないます。

病名や経過などの診療に関する情報は医師が記入しますが、氏名や住所、保険者番号などの基本情報は医療事務がカルテに記載します。

診察が終わった後は、処方箋について簡単な説明をし、診察料を患者さんから徴収します。

レセプト作成業務

レセプトとは「診療報酬明細書」のことで、医療保険制度に基づき、患者さんの医療費を計算する仕事です。

合計の診療費のうち、患者さんが負担する金額を計算します。

医療費は点数で表され、健康保険の適用額も点数に応じて変わってきます。

それらの計算をするために、医療事務が患者のカルテを見ながら、コンピューターにデータを入力し、診療費を算出します。

レセプト作成時にはカルテの内容も理解しなければならないため、医療事務の仕事のなかで最も専門的な業務となります。

クラーク業務

規模の大きい病院では「クラーク」と呼ばれる業務があり、「外来クラーク」と「病棟クラーク」に分かれて勤務します。

外来クラークは初診・再診の受付とは別に設けられた診療科ごとの受付です。

患者さんがスムーズに診察を受けられるよう、カルテの準備や診察室への案内、検査案内などをおこないます。

病棟クラークは入院病棟のナースステーションに勤務し、入院患者と医師・看護師とのつなぎ役をこなします。

入院患者のカルテ整理や入退院に関する書類手続きをしたりするほか、病室の手配や食事の管理をおこなうのが仕事です。

医療事務の役割

病院や診療所専門の事務職

医療事務とは、病院や診療所専門の事務職です。

医療とは診察をしたり治療をおこなったりするものですが、そうした治療行為には事務仕事がともないます。

その事務仕事をおこなうのが医療事務です。

一概に病院や診療所の事務仕事といっても、その仕事内容は多岐にわたります。

病院や診療所内では、下記のような業務があります。

・レセプト(診療報酬明細書)の作成
・診察券や保険証の受け渡しなどの受付業務
・診療費の計算、会計
・処方せん窓口の対応業務
・電子カルテ等の代行入力・管理
・入退院手続き代行業務

そのほかにも庶務的業務といった仕事があり、仕事内容によって必要になる知識が異なります。

小さな病院や診療所では、数人のスタッフで事務仕事全般をこなしますが、大きな病院では仕事内容ごとに専門のスタッフがいて、仕事を分担しておこなっています。

医療事務は、病院や診療所の医療が円滑に行われるためのサポートをする役割を担っているといえます。

「レセプト(診療報酬明細書)」とは

医療事務の役割の中で、最も医療事務の知識が問われるのが「レセプト(診療報酬明細書)」の作成です。

このレセプト業務は病院や診療所だけでなく、歯科医院や調剤薬局でも日常的に取り扱われています。

日本では国民の全員が医療保険に加入しているため、病院や診療所で診療を受けた場合、診療費は患者さんに全額保険者ではなく、患者さんと保険者(国や自治体、健康保険組合など)に分けて請求されます。

この保険者に請求を行うときに作成されるのがレセプト(診療報酬明細書)という書類です。

このレセプト作成では、カルテ(診療録)を見ながら診療年月や医療機関コード、保険種別、本人・家族の区分などといった情報をレセプト用紙に記入するか、レセプトコンピュータで入力していきます。

そして、診療行為の点数と薬価点数を求めて診療報酬を計算し、最終的に医師が確認します。

レセプト業務は、毎月10日の締め切りに提出しなければならないため、スピードが要求される業務です。

審査支払期間に提出し、問題がなければ診療報酬が支払われますが、不備があった場合は、修正して再度提出しなければなりません。

査定次第では、診療報酬額が請求額より少なくなってしまったり、支払が遅れたりすることもあります。

病院の経営に関わる大事な業務であるため、非常に大切な役割を担っているといえます。

医療事務は人をつなぐ仕事

医療事務は、患者、看護師、医師それぞれと多くかかわる仕事です。

一般的に「事務」というと、パソコンに向かって黙々と作業をする姿をイメージする人が多いかもしれません。

しかし、実際は受付や会計、処方せん窓口の対応といった業務では患者さんと接し、入退院手続き代行などでは看護師と接し、カルテの代行入力・管理では医師と接するといったように、人とかかわることが非常に多いです。

そのため、医療事務は、患者と病院、患者と看護師、患者と医師といったように、病院や診療所内で人をつなぐ役割を持っているともいえます。

たとえば、保険証の受け渡しや会計時にただ機械的にやりとりをするのではなく、患者さんが帰る際には「お大事に」の声をかけてあげるなど、心遣いがとても大切です。

また、医療事務はときに入院患者さんの入院・退院の手続きや、診察内容の入力作業といったように、医師や看護師を助ける仕事も多く手掛けます。

他の医療スタッフとのコミュニケーションも大切となる仕事です。

医療事務の勤務先の種類

総合病院の医療事務

規模が大きい総合病院にはたくさんの患者さんが来院するため、分業制を導入しているところがほとんどです。

初診の患者さんの対応をする受付窓口、診療科ごとの外来クラーク・病棟クラーク、レセプト業務、公費医療の担当など、業務を分担してスムーズに医療を提供します。

特定の業務を担当するためより専門性の高い知識やスキルを身につけることができるメリットがありますが、医療事務の業務全体を把握しにくいというデメリットもあります。

クリニックの医療事務

診療所や医院など、個人で開業している医療機関(クリニック)にも医療事務は必要です。

総合病院とは異なりスタッフの数が少ないので、一人が担当する業務の幅が広いのが特徴です。

受付業務から会計、カルテの管理、診療報酬請求、院内の清掃に至るまで、多くの業務を担当することになります。

クリニックによっては、看護助手やリハビリ助手などとして医師や看護師をサポートする場合もあります。

薬局の医療事務

薬局には、薬を調剤・販売する薬剤師や、一般用医薬品(第2類・第3類)を販売する登録販売者のほかに、販売をサポートする医療事務スタッフが勤務しています。

薬局の医療事務は調剤事務とも呼ばれ、おもに調剤報酬請求や会計に関する業務を担当しています。

薬の調剤や販売はできませんが、薬剤師や登録販売者と連携しながら、レセプトの作成や算定といったサポートをおこないます。

医療事務の勤務先の種類と仕事内容の違い

医療事務の仕事の流れ

医療事務の仕事の流れは勤務先の規模や部署によって異なりますが、たとえばクリニックに勤務する医療事務の場合、以下のような流れが一般的です。

1. 開院前に院内を清掃し、午前中の診察予約の状況を確認する

2. 玄関を開け、診察に訪れた患者さんを迎え入れる

3. 患者さんの保険証・診察券の確認、診察室への案内、会計などの受付業務をおこなう

4. 午前診と午後診の間に休憩を取り、精算機への現金の補充や落し物の管理をする

5. 初診の患者さんには問診票を記入してもらい、カルテを作成する

6. 診療後に診療報酬請求業務をおこなう(月初めの10日間)

クリニックの医療事務は幅広い仕事をこなしますが、毎日のルーティーンに慣れていくと、患者さんへの気配りや質問への対応など、余裕をもって業務にのぞめるようになります。

医療事務と関連した職業

医療事務と関連した職業として、「病棟クラーク」や「調剤薬局事務」が挙げられます。

「病棟クラーク」は、医療事務の業務の一つである入院病棟での事務に特化した職業です。

入院病棟のある病院に勤務し、患者さんの入院手続きや病室の手配、カルテの管理、患者さんや家族からの問い合わせの対応などをおこないます。

幅広い業務を担う医療事務とは異なり、ナースステーションでのサポートがおもな仕事となるため、受付などの部署に移動することはないようです。

「調剤薬局事務」は、病院ではなく調剤薬局で事務をおこなう職業です。

おもな業務内容は、患者から処方箋を受け取り、おくすり手帳に薬の情報を記載したあと、薬袋へ患者の氏名と薬の名前を記入するなど、薬を調剤する薬剤師のサポート業務です。

また、薬代の会計や、調剤報酬明細書(レセプト)を作成するのも調剤薬局事務の仕事です。

勤務先が異なる点で病院事務とは異なりますが、業務内容には共通する点が多いです。

病棟クラークの仕事