翻訳家の仕事内容

翻訳家の仕事は、一言で言えば外国語の文章を日本語に訳すことです。翻訳には大きく3つのジャンルがあります。

文芸翻訳

海外の書籍や雑誌、歌詞などさまざまな文芸作品の翻訳をする作業になります。文芸作品であるため、正確さだけでなく雰囲気を翻訳することも必要です。外国語の能力だけでなく、高い日本語能力が求められます。

翻訳会社のトライアルに合格してエージェントとして所属し、仕事を斡旋してもらう形、個人で出版社の人間との知り合いなどで注文を受ける、研究者など該当分野に専門知識があり、本業の合間に頼まれて翻訳を行うというケースもあります。

最初に翻訳を依頼する側と契約や打ち合わせを行い、進捗を報告しながら自宅で自分のプランに基づいて仕上げていくというやり方が多いです。昨今はIT関係のコミュニケーションが発達しているため、営業活動から打ち合わせ、納品まですべて自宅で行うこともあります。

実務翻訳

ビジネス用の文書、学術書、マニュアル、契約書など、企業や研究者が利用するための翻訳です。医療、金融、ITなど専門的な知識が求められるときがあります。

医学や物理や生物学といった理系の論文は英語での執筆が義務付けられていることも多くあります。実務翻訳の翻訳家は、国際的な雑誌に掲載するための翻訳や英文のチェックを頼まれたり、また海外の学術論文や重要文献を翻訳するように頼まれることもあります。

海外に輸出する日本製品の英文の説明書や書類の作成や、貿易会社で英文の契約書の翻訳をするケースもあります。また、広告やIT機器やソフトウェアの日本語化、特許関係の書類の翻訳、海外への発注や連絡などのメールのやりとりといったことにもたずさわります。

こういった実務系の仕事は、会社側が普段から人材を確保しておきたいために、正式な社員として雇われることも多いです。

会社に所属した場合、一般社員と同じように出勤し、一定の勤務時間の中で仕事を行う、どちらかといえば事務系の社員と同じような仕事のスタイルとなります。ハローワークでもテクニカル翻訳や産業翻訳などの分野で求人があります。

映像翻訳

海外の映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳をし、字幕をつくります。人が文字を読む速度には限界があるため、限られた字数内にまとめることが求められます。また、その国の文化、風習やスラングも理解していないと正確に翻訳することができません。

配給会社や制作会社に所属して翻訳作業を行うケースも多いようです。大勢の人が視聴しながら理解する必要があるため、字幕にもセンスが要求されます。複数のチームで練り上げたり、仕上げた字幕は会社側で改めて推敲したりと、さまざまな観点からチェックされます。

翻訳家の勤務先

翻訳家はフリーで活躍する人が多い職業です。他の仕事をしながら兼業で空き時間に作業をするという働き方をする人も多いようです。また、企業に所属し、企業内で翻訳をしている人もいます。勤務先は、翻訳プロダクション、映画配給会社、商社、法律事務所などになります。

仕事体験談