翻訳家になるには

どんな学校にいけばいいか?

翻訳家には大学の英文科出身や外国語大学出身の人が数多くいます。卒業すれば必ず翻訳者なれるわけでもありませんし、卒業資格が必須というわけでもありませんが、語学について専門的に学んでおくことはマイナスにはなりません。

また、出版社が翻訳家に仕事を依頼するにあたり、学歴を気にするケースが一部では存在するとの話もあるので、いわゆる有名大学を卒業していれば後々メリットがあるかもしれません。

資格は必要?

翻訳家として働く際に、特に必須の資格はありません。しかし、英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。また、社団法人日本翻訳協会が主催するJTA公認翻訳専門職資格試験に合格していると、就職や仕事に有利に働くことがあります。
翻訳専門職資格試験

翻訳スクール・翻訳専門学校

翻訳者用のスクールは専門の学校というだけあって、ツテや直接的な仕事に通じる機会には優っています。翻訳会社が経営したり出資していることも多く、母体となる会社に就職したり、登録したり、または優秀者に卒業後の進路が用意されていることもあります。

他にも翻訳業界と関わっている会社ですから、さまざまな仕事の話や大学や出版業界の人とつながりがあったり、翻訳を目指す仲間もいます。ヨコやタテの人脈ができたり、役に立つ情報が入手できるのも確かです。

何らかのチャンスをきっかけに仕事に携われる機会は増えるかもしれません。ただし本人の実力も大切ですし、翻訳家になれるという保証があるわけでもありません。

翻訳家の働き方

翻訳専門会社に勤務することができれば、専任の翻訳家として働くことができますが、求人数は多くありません。また、実務経験なしで雇ってくれるところもあまりありません。翻訳会社に登録し、スポットで仕事をもらうという働き方が一般的です。

翻訳の仕事をすることもある海外との取引がある一般企業に入社し、翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けるか、フリーランスで独立するという方法もあります。

他の仕事をやりながら副業として翻訳をする人も少なくありません。

翻訳会社に登録する

フリーランスとして活動する場合に多いのが、翻訳会社の課題のトライアルをクリアして翻訳者として登録される形です。一定の仕事先は確保している所が多く、紹介の手数料となるものは差し引かれますが、仕事は回してくれることはあります。

ただ会社によっては、会社のマージンが高くて取り分が少なかったり、仕事をもらえる人が全体の3割にも満たないということもあるそうです。

フリーランスの場合は、翻訳者の実力によって仕事量が変化してきますので、クオリティの高い仕事をし、地道に信用を作っていくことが必要です。

人脈を作っておくことが必要

翻訳はいわゆる「翻訳家」のみが行うものではありません。学者や一般人でもしています。なぜそういった仕事に携われるかというと、該当分野に明るいとか、専門家と思われて、ツテで頼まれたり人を通じて仕事が回ってくるということもあるからです。

他の翻訳をしている先生から仕事がまわってきたり、学生時代にアルバイトで出版社の下訳などの仕事をしていて、実力を認められており、その縁で翻訳に携われるといったこともあります。

将来の仕事につながってくる種まきをしておけば、翻訳家として活躍するチャンスは増えるでしょう。

翻訳関連会社に就職する

字幕翻訳では映画やDVDの制作会社などが請け負っているところもあります。また貿易関係や特許・産業の翻訳、法律や医療翻訳などで一般の会社や翻訳雑誌社、特許事務所が翻訳者を募集している所もあります。

これは社員の区分として募集されている所が多く、通常の就職のように履歴書などを送って求人応募という形で採用試験を受けることができます。仕事としてはハローワークや求人サイト、情報誌に普通に公募されています。ただし、仕事内容は翻訳だけでなく、他の事務や雑用も兼ねていることが多いようです。

翻訳家に求められる能力

翻訳という仕事は、単に英語などの外国語が理解できればできるという仕事ではありません。小説の翻訳では高い日本語能力も求められますし、学術書の翻訳では高度な専門知識が必要となります。

外国語が好きというだけではなく、表現する日本語の能力も磨き、他に自分ならではの得意な分野があると仕事を得やすいでしょう。大量の翻訳をしなければならないときも多いため、地道にコツコツと集中して作業を続けることができる忍耐力も求められます。

翻訳家の現状と今後の見通し

グローバル化が進み、ビジネスだけでなく、海外ドラマや映画など、翻訳の仕事が増えてきています。翻訳ソフトが発達してきてはいますが、まだまだ自然な日本語に翻訳することはできていません。今後も翻訳家の仕事は増えていくと考えられます。

また、英語だけでなく、中国語など経済発展が著しい新興国の翻訳の需要が高まってきています。

仕事体験談