フラワーコーディネーターの現状と将来性

人気高まるフラワーアレンジメント

日本には昔から「生け花」「華道」という伝統文化があり、空間を花で彩るという習慣が深く根付いていました。

こうした文化があるなかで、気軽に花束やブーケを作って楽しめる「フラワーアレンジメント」が広まったことで、さらに自由に花を楽しむ人が増えてきています。

また、近年では薬剤の研究が進んだことで「プリザーブドフラワー」という長期保存の効く花束が作れるようになっています。生花のようにすぐ枯れてしまうことなく、いつまでも思い出の花を残すことができるのです。

こうした時代の変化から、季節ごとに自宅に花を飾ったり、遠方の人にギフトとして贈ったり、結婚式や誕生日などのイベント時の花束を長期保存して残したりする機会が増えており、フラワーコーディネーターの活躍の場がどんどん広がっています。

花束もネットで買う時代に

世間の花束やブーケへのニーズが高まるなか、圧倒的に売り上げを伸ばしている販売方法があります。それが、インターネットでの通信販売です。

最近では母の日や父の日の花束のギフトも、インターネットから簡単に発注できるようになりました。

オンライン上でイメージに合う花を選び、クレジットカードで精算し、発送日や発送先を指定すれば良いだけなので、忙しい人でも簡単に注文ができるのが特長です。

これからフラワーコーディネーターとして仕事をしていく上では、こうしたインターネットでの販路拡大を狙うのも効果的です。

「花の組み合わせのセンスが良い」「価格が良心的」「丁寧に応対してくれる」などの強みがあれば、店舗の周辺の住民だけでなく全国に自分の花束のファンを広げていくことも可能なので、上手に利用することで大幅な売り上げアップにつなげていける可能性があります。