演出家の仕事内容

ドラマや映画、舞台などの作品を作るとき、演出家は不可欠な存在です。

演出家の仕事は一言で言えば『作品を監督する立場』ですが、細かく見ていくと仕事の幅もかなりあります。

演出家とは、作品の製作総指揮

演出家と言っても具体的に何をするのかすぐにピンとこない方も多いのではないでしょうか。

お芝居、ミュージカルなどの舞台作品やテレビドラマでいう「演出家」は、映画作品などでいう「監督」のことです。

制作面におけるすべての指揮をとり、具体的な作品の方向性から、配役、照明、音楽、舞台装置、演技指導に至るまで責任を持って決定していきます。

一般的にはドラマや映画に携わるイメージが強くありますが、ライブイベントなどにも不可欠な存在です。

最初こそ専門のジャンルを決めて活躍していることが多い演出家も、名前が売れてきて大物になってくると、専門ジャンル以外の仕事も舞い込み、幅広く活躍している演出家も多数存在します。

売れっ子演出家・三谷幸喜などは脚本家出身にも関わらず、そのたぐいまれなる才能から、演出家としても舞台、テレビ、映画、問わずひっぱりだこの人気っぷりです。

演出家の仕事は現場だけではない

ひとつの作品に関わる際、まず必要になるのが脚本や原作の解釈。現場に入る前に、誰よりも理解して、自分なりの見せ方や方向性をきちんと決めていなければ良い作品づくりはできません。

その後、現場に入ってからは、スタッフと俳優たちをうまくまとめてひっぱり、スケジュールを調整しながら進めていきます。

納得できなければ何度もやり直し、撮影や稽古が押して予定通りにいかない、なんてことも日常茶飯事。

公演後も観客の評判を伺いながら、次回また次回と修正を加えていきます。

演出家によっては、初日と最終日の舞台の見せ方が全然違うという人もいるようです。

テレビや映画の場合は周りも自分もバテないように進め、なんとか撮影が終わったと思ったら、今度は編集作業が待っています。

ひたすらスタジオに缶詰して編集作業を進める日々。CGを多用している映画の場合はここからが本番、時間もかなりかかります。

これが終わってやっと演出家の仕事は終わるのです。