動物飼育員のやりがい

みんなを笑顔にできる仕事

動物飼育員は、決して動物の世話をするばかりが仕事ではありません。動物の魅力や生態について、動物園に訪れたお客さまに展示、ショーなどを通してわかりやすく伝えていくことも非常に大事な役割です。

大好きな動物の素晴らしさを多くの人に伝えられることは、飼育員にとって大きなやりがいとなっています。

とくに、自分が担当する動物を眺めるお客さまが笑顔になっていたり、驚いた表情を見せたりしてくれると、「この仕事をしていて良かった!」という気持ちになれます。

飼育員は動物を守り、動物園の運営を支える「縁の下の力持ち」のような役割を担います。

決して目立つ存在ではありませんが、自分のがんばりによってみんなを笑顔にすることができる、やりがいにあふれる仕事です。

動物の成長を見守れる

飼育員は、動物の出産に立ち会うこともあります。小さな命が生まれて、そこから元気に成長していく姿を身近で見守り続けられるのは、動物飼育員ならではの喜びだといえるでしょう。

また、毎日動物に優しく声をかけたり、動物と積極的にコミュニケーションを図ろうとすることで、少しずつ信頼関係は生まれていきます。

人間と同じように、動物もその日によって様子や体調が異なるもの。そうした日々の変化を注意深く観察し、動物と心を通わせられた瞬間が、仕事をするうえでのやりがいにもなっています。

動物のことを深く知れる

飼育員は、たとえばゾウやフラミンゴなど、ペットとしては飼えないような動物とも多く触れ合うことができます。

日々の業務を通じ、多種多様な動物の習性について深く知っていけるのは、動物好きな人にとって大きな喜びとなるでしょう。

そこからさらに専門知識を身に付けていけば、動物の研究分野に深く関わっていくこともできます。自分のがんばりと気持ち次第で、多方向に活躍の幅を広げていくことができる仕事といえるでしょう。