動物飼育員の留学、海外の動物園で働く

海外にもたくさんの動物園がある

動物飼育員になりたい人は、おそらく動物園への就職を考える人がほとんどでしょう。

日本全国には大規模なものから小さなものまでさまざまな動物園がありますが、海外にもたくさんの動物園が存在しています。

とくに、ニュージーランド、オーストラリア、カナダなど、大自然に囲まれた環境を有する国には規模の大きな動物園があり、人々は動物を身近に感じています。

絶滅の危機にある珍しい動物を展示する動物園や、ナイトサファリで野生さながらの動物の姿を楽しめる動物園、アマゾン川などに生きる淡水生物に出会える動物園、あるいは地域の野生動物を保護する動物園など、日本では見られないような個性的な動物園も多々あります。

動物園があるということは、そこに必ず飼育員の活躍があるということ。海外の動物園で働くスタッフは、飼育員も含めてよく「zoo keeper(ズー・キーパー)」という風に呼ばれます。

海外の飼育員も、現地の大学や専門学校で動物の生態などについて学んでいることが多いようですが、もし日本人が海外の動物園で働きたいと思ったら、どうすればよいのでしょうか?

海外で動物飼育を学ぶ

まず現地の学校へ留学し、専門知識を身に付けるという方法が挙げられます。

専門学校で動物飼育の知識を学ぶ人もいれば、大学に入り、よりアカデミックに生物学について学ぶ人もいます。

なお、飼育員に関連する専攻は、基本的には「animal science(アニマル・サイエンス)」といわれるものとなります。

動物飼育に関する研究は欧米のほか、とくにオーストラリアやニュージーランドが進んでおり、学校の数も多いようです。

また、日本の専門学校でも、カリキュラムの一貫として海外での動物園実習や研修を行っているところがあります。

いきなり海外の学校に長期間通うのは不安だけれど、海外の動物飼育を少しだけ体験してみたいという人は、こういった学校への進学を目指すのもよいかもしれません。

海外の動物園で働く

海外の動物園で働きたい場合は、動物の生態や飼育の知識に加えて、語学力が必須となります。

日本人観光客が多い地域では、ガイドとして日本人の受け入れを積極的に行うこともあるかもしれませんが、やはり外国人スタッフやお客さまと多くコミュニケーションをとる以上、語学力は必要です。

また、海外では大々的に飼育員の募集を出さないこともよくあるため、求人情報はメールや電話などを使い、直接動物園に問い合わせるなどの努力も必要になってきます。

なお、海外でも飼育員として働くために、特別な資格が求められることはないようです。

注意したいのは、もし日本で「獣医師免許」を取っていたとしても、海外ではその土地で働くうえで有効な資格として認められないという点です。

もし海外で獣医師としての仕事もしたいのであれば、現地の免許取得が必要になってきます。

そのほか、ワーキングホリデー制度を利用して海外の動物園で就業体験をしたり、飼育員のボランティアスタッフが募集されることもあります。

こういった情報は日々変化し続けていくため、インターネットなどを積極的に使い、さまざまな情報を集めてみましょう。