女性の動物飼育員

女性の活躍も目立つ仕事

動物飼育員は、女性もたくさん活躍している仕事です。同じ動物に関わる獣医師の場合、その約半数は女性だといわれていますが、動物飼育員も職場によっては男女の割合が半々程度となっているようです。

動物園で働くとなれば、日々の業務では重い餌を持ち運んだり、全身を動かして園舎の清掃をしたりと、体力を要する面も多々あります。

しかし、動物が好きで、何より「この仕事をやりたい!」という強い気持ちがあれば、男女関係なく働くことができるといえるでしょう。

ひと昔前は結婚や出産を機に辞めてしまう女性も多かったといわれますが、最近では労働環境が少しずつ改善していたり、産休や育児休暇などを取りやすい環境を整える職場も増えています。

そのため、長年働き続けて、ベテランの域に達する女性飼育員も徐々に増えているようです。

仕事と家庭を両立するために

公務員となる場合は、年次有給休暇や結婚休暇、産前・産後休暇などの特別休暇や、育児休業制度が整っています。

なるのは狭き門ではありますが、結婚や出産後も家庭と両立させて安心して働き続けやすい環境があるといえるでしょう。

一方、民間の動物園に勤務するとなれば、その待遇は勤務先によってまちまちです。公務員以上の充実した待遇を整えているところもあれば、育児との両立は難しいと考えざるを得ないような職場もあるようです。

ただし、動物飼育員の場合、一度でも動物園などで動物飼育の経験をしたことがある人は、その後、別の職場に移ることを考えた場合も優先的に採用されやすい仕事でもあります。

結婚や出産後、それまで勤めていた職場で仕事を続けるのが難しかったとしても、キャリアがあれば転職や再就職できるチャンスは十分にあると考えられます。

正規職員であれば、基本的に急な残業や宿直などにも対応しなければなりません。

しかし、決まった時間だけ働くアルバイトやパート、臨時職員としての採用は比較的多いため、そういったところから現場に戻り、無理のない範囲で仕事を続けていくことも一つの方法といえるでしょう。