動物飼育員の1日

動物飼育員の主な活躍の場は、動物園や動物テーマパークなどの各施設となります。ここでは、そのような場で働く動物飼育員が、毎日どのような1日を過ごしているのか紹介します。

動物園で働く動物飼育員のある1日

7:30 出勤

動物園の開園前に園舎の清掃、餌やりなどを行うため、朝は早めとなります。

出勤後は制服(作業着)に着替えて、動物たちの様子に異常がないか健康チェックをして回ります。

9:00 開園

開園直前になったら動物を寝室から展示スペースへ移動させます。

開園と同時にお客さまが次々と入ってくるので、元気よく挨拶をしながらお迎えします。

10:00 ショーのリハーサル

担当している動物の一つはゾウ。今日は、週末開催するショーのリハーサルを行います。

ショーを成功させるためには、日ごろからコミュニケーションをとり、信頼関係を築いておくことが大切です。

10:45 餌やり

ゾウに餌をあげます。インドゾウともなれば1日に100キロほどの餌を食べるため、その準備と片付けだけでも大仕事。

餌を残していないか、食べ方がおかしくないかなど、しっかりと観察します。

12:00 昼休憩

ホッと一息つける瞬間です。持参したお弁当を食べて、午後の仕事に備えます。

13:00 園内のガイドツアー

お客さまに動物園の楽しみ方を説明したり、動物の習性を紹介するガイドツアーが定期的に行われています。

今日は自分がそのガイドを担当する日。緊張しますが、お客さまの喜ぶ顔が間近で見える、とてもやりがいのある仕事です。

14:30 清掃

園舎の掃除を行います。動物たちが健康で過ごすためにも、糞などはいつでもキレイに片づけておくことが欠かせません。

17:00 閉園

お客さまが帰られたら、動物に「1日お疲れさま」と声をかけて寝室に戻します。

その後、餌やりと体重測定などの健康チェックを行います。

17:30 勤務終了

スタッフ全員でミーティングをし、業務日誌をつけて今日の仕事は終了です。

普段はほぼ定時で帰れますが、夏休みなどの繁忙期になると、イベント準備などで残業をすることもあります。