ディスパッチャーへの転職

未経験での転職は難しい

ディスパッチャーとして働くためには、航空会社等で一定期間の運航管理業務経験を積んだのち、国家資格である「運航管理者技能検定」を受験し、資格を取得する必要があります。

つまり、未経験者がいきなりディスパッチャーと名乗って働くことは不可能であり、まったく別の業界から転職することも比較的難しい職業だといえます。

実際、ディスパッチャーの中途採用を行っている航空会社はありますが、その場合、

・運航管理者資格を有していること
・飛行計画作成など、航空機運航管理実務経験があること

応募条件として、上記の2点が掲げられていることが多いです。

ただし、なかには未経験であっても、入社後に自社の教育プログラムを受けてディスパッチャーを目指していける企業もあるようです。

さまざまな航空会社の情報を調べてみるとよいでしょう。

転職市場におけるディスパッチャーの求人状況

近年は、LCC(ローコストキャリア)の航空会社が増えており、その分だけディスパッチャーの需要も高まっています。

ディスパッチャーは表舞台に立つ仕事ではありませんが、「地上のパイロット」といわれるほど重要な役割を担っており、航空機が飛ぶ限り必要とされる存在です。

適性も求められるなどなるためのハードルは高めですが、運良く運行管理業務を担当することができれば、努力次第でキャリアアップが望めます。

なお、ディスパッチャーは日系の航空会社のみならず、外資系航空会社でも活躍できます。

外資系企業では、新卒採用ではなく中途採用を中心に人材を確保していることも多く、ディスパッチャー志望者は運航管理業務経験に加えて、ある程度の英語力(TOEIC600点以上)が求められることが一般的です。