クラブDJの仕事内容

クラブDJは、お店やイベントなどでBGMなどを選曲してその場で音楽をかけていく仕事です。

ここでは、クラブDJの二つの働き方について紹介します。

店舗での専属DJ

飲食店やクラブなどでBGMを選曲し音楽でその場を盛り上げるのが、クラブDJの仕事です。活躍の場によって待遇や仕事の内容は変わりますが、代表的なのものとして2つの仕事スタイルがあります。

まず、クラブDJの中でも、特定の飲食店やクラブと専属契約を結んでいるのが「専属DJ」です。

お店のオープンから閉店までBGMを選んでは流し続け、店の雰囲気を作りあげるのに一役買っています。

腕の良い専属DJは、客層や時間帯を見ながら最適な選曲をすることが得意です。

たとえば、店内がパーティで賑わっている時はアップテンポのナンバーを、デート中のカップルが多いときはラブソングを、閉店間際の夜遅い時間帯にはバラードを、クライアントからの希望があればそれに沿う曲を…というふうに、臨機応変に音楽を変えていくのです。

ときには音響の設定や照明の管理も行い、空間全体のプロデュースを手がけます。また、パーティやブライダルを担当することもあります。

専属DJとして店側から全面的な信頼を得るようになると、チーフDJとして昇格することもあります。

ただし、チーフになったからといって必ずしも給料が大幅にあがるわけではなく、自分の収入の中から曲を買う必要もあります。

日中は他の仕事をしながら夜はDJの仕事をするというスタイルをとっている人が多いのも事実です。

フリーランスのクラブDJ

特定の飲食店やクラブとは契約を結ばずに、個人で活動しているのが「フリーランスのDJ」です。

基本的に同じ店に出入りしている専属DJとは異なり、さまざまなイベントやパーティに参加して単発の仕事に対する報酬をもらうというのが基本的なスタイルです。

自分で仕事を探さなければいけないため、業界の中でいかに人脈を広げられるかということや、オーディエンスを踊らせたり盛り上げたりするための選曲テクニックが、成功のための大きなカギとなります。

実際、よほどの有名人でもない限り、DJのネームバリューだけでたくさんのオーディエンスを集めるのは難しく、報酬もそれほど高くないのが現実です。

生業として生活できる人は全体の1割にも満たないといわれており、普段は選曲や編曲など、他の仕事をしながらDJを続けている人も多くいます。

プロダクションやレーベルに所属したり、オリジナルの曲を作成・販売して、DJでありながらミュージシャンとして活動している人もいます。

「カッコいい」「モテそう」などの印象が強いDJですが、選曲する曲も自分で集めなくてはならず、ギャランティも厳しいので、DJ一本で生活していくといったことはかなり難しい職業です。