調香師の現状と将来性

香水を作る仕事は日本に少ない

調香師といえば、香水を作るイメージが強いのですが、日本で香水を開発している会社はごくわずかです。香水作りを希望する人は、フランスなどの海外に出ることが多いようです。

諸外国と比べ、香りを身につける習慣が、一部の人にしかないことも関係しているでしょう。

日本の香料業界では、フレーバー(食品香料)の需要のほうが高く、フレグランスにたずさわれる人は一部というのが実情です。

長い研修期間

香料会社に就職すること自体が、狭き門なのですが、そこから長い研修期間が設けられていることがほとんどです。数千種類の香りを覚えながら、調香師としての適性をたしかめます。

研修を受けても、すべての人が調香師になれるとは限りません。

研修期間は、会社にもよりますが、とくにパヒューマーでは通常5年〜10年はかかることが多いようです。

場合によっては、海外への研修旅行なども行われることもあります。

生活に結びついた香り

香水を作る仕事は少ない一方で、最近では、香りのついた生活用品が多く登場し、人気を集めています。

シャンプーや洗顔料のボディケア用品はもちろん、洗剤や芳香剤も、実にさまざまな香りのバリエーションを見かけるようになりました。

柔軟剤「ダウニー」のロングセラー、エイプリルフレッシュの香りなどは、世界的に有名な調香師が作ったものです。

そのような背景から、トイレタリー関係のパヒューマーの将来は明るいとの見方があります。

日常の中でも、アロマの癒しを求める風潮が高まっていることから、香りに関する仕事は全体的に増えているようです。

生活に密接に結びついた香りにたずさわる仕事こそが、香料の世界で生きていく道になるかもしれません。