調香師に向いている人・適性

香りが好きであること

調香師になるには、当然のことではありますが、本当に香りが好きであることが大切です。

イメージと違い、調香師の仕事は、かなりの体力とストレスが必要といわれます。とくに香水などを扱うパヒューマーになるためには、まず数年をかけて研修が行われることがほとんどです。

1日に数十種類の香料を嗅いで、あらゆる香りを覚えなくてはいけません。さらに、いくつかの香料が混ざった香りを嗅いで、その成分を当てる訓練など、毎日厳しいトレーニングがつづきます。

それを数年繰り返して、ようやく一人前の調香師になれるのです。本当に香りが好きでないと、とてもできない仕事といえます。

嗅覚と記憶力

数千種類以上あるといわれる香りを、それぞれ嗅ぎ分けるには、やはり嗅覚がものをいいます。とはいえ、生まれついたものより、長年の訓練によるところが大きいとされています。

健康な鼻を維持するための自己管理能力は、非常に大切な資質といえるでしょう。なるべく風邪をひかないように、つねに注意しなくてはいけませんし、花粉症などのケアも通常より気をつかいます。

ほかにもタバコを吸わないなど、嗅覚を鋭敏に保つべく、日ごろから努力が求められます。

また、嗅覚そのものよりも、多くの香りを覚えられる「記憶力」こそ重要だ、と考える調香師も多いようです。

流行やニーズに合わせられる

自分の好きな香りだけを作っていられる調香師は、世界でもほんの一握りです。多くは、クライアントの依頼に応じて、決められた予算や期限の中で、最高の香りを作り上げることになります。

そのためには、頑固な職人気質というより、あらゆるニーズに合わせられる柔軟性が求められるでしょう。

また、香りには流行もあるので、今どういう香りが求められているかを、察知できるセンスも必要です。

自分の作りたい香りではなく、幅広く受け入れられる香りを作るのが、調香師の仕事なのです。