バスガイドの勤務時間・休日

勤務時間

バスガイドの仕事の特徴は「朝が早い」ということです。バスツアーは朝8時や9時に出発することが多いですが、その時間に準備万端でお客さまを迎え入れるためには、バスガイドはそれよりも前に準備を始めなければなりません。

日によっては早朝5時や6時に出勤してバス内の点検や掃除を済ませ、運転士と共に集合場所へ向かい、お客さまをお迎えします。バスガイドの仕事を始めると、自然と朝型の生活になるでしょう。

では、その分仕事が終わる時間が早いのかというと、一概にそうとは言えません。

日帰りツアーの場合、解散場所に到着するのが夕方ということは一般的ですし、そこから営業所に戻って掃除をしたり日報を書いたりすると、退社するときはすっかり夜になっていることもあります。

泊まりがけの仕事の際は、現地のホテルに泊まることになります。生活はどうしても不規則になりがちです。

また、会社によっては当日勤務予定のバスガイドの急病などに備え、バスに同乗せず会社で待機する日を設けていることもあります。

休日・休暇

休日はツアーのスケジュールによって不定期ですが、土日はツアーが入ることが多いため、平日になることがほとんどです。月に6日〜8日の休日が一般的ですが、繁忙期は休日出勤があり、閑散期に振り替えることもあります。

長期休暇をとるのは少々難しいですが、繁忙期を避ければ有給休暇を使い、連休をとることもできるでしょう。

観光業界の仕事全般に言えることですが、ゴールデンウィークや夏休みなどは繁忙期となるため、必然的に世間とは違う時期に休みをとることが多くなります。

仕事体験談