バス運転手の給料・年収・収入

平均年収

バス運転手の給料は、年齢や経験が増えるごとに上がっていくのが一般的です。

また、勤務先の規模や地域によっても異なり、地方よりは都市部、また小さなバス会社よりは大手のほうが給与額は高くなる傾向にあるようです。

バス運転手全体で見ると、年収は440万円〜450万円前後が相場とされています。20代のうちは年収200万円台後半〜300万円台になる人がほとんどのようです。

技術が問われる仕事であるだけに、経験を積むことで基本給は上がっていきますが、配属先の営業所や担当路線によってもその額は異なります。

また、観光バスの場合は繁忙期と閑散期が発生することから、乗務の仕事が少なく営業所で待機する日が多くなる時期には、給与が下がってしまうということもあるようです。

公営と民間の違い

公営バスを運行する東京都交通局における平成27年度の採用(養成枠)の場合、採用時年齢の初任給は月額にして約162,800円。35歳で219,100円、39歳で228,700円とされています。

さらに、そのときの状況によって住居手当、扶養手当、通勤手当、夜勤手当、超過勤務手当が付くほか、期末・勤勉手当(ボーナス)が年に2回支給されます。

民間のバス会社は各社待遇が異なり、なかにはボーナスの支給がなかったり、手当に関してもここまで充実していないところもあります。

しかし、無事故を続けると毎月無事故手当が支給されたり、待遇面を非常に充実させて働きやすさをアピールしているところもあるため、一概にはいえません。

昔は公営のほうが給与水準がずっと高く、安定性があることから人気があったようですが、最近では待遇面の「官民格差」が問題に取り上げられることも多く、公営バス会社の給与水準は下がりつつあるようです。

また、公営でも民間委託が進んでいたり、正社員ではなく嘱託社員やアルバイトの運転手の採用も増えていることから、必ずしも高額な給料がもらえるとは限りません。

バス運転手の平均給与統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、営業用バス運転者の年収は、平均年齢49.2歳で426万円ほどとなっています。

・平均年齢:49.2歳
・勤続年数:11.1年
・労働時間:169時間/月
・超過労働:40時間/月
・月額給与:308,300円
・年間賞与:555,700円
・平均年収:4,255,300円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 営業用バス運転者の年収(規模別 ※男性のみ)

バス運転手の年収は、勤務先の事業所の規模が大きくなるほど高くなっています。10〜99人規模に勤める電車車掌の平均年収は375万円、100〜999人規模は411万円、1000人以上規模は502万円、10人以上規模平均は426万円となっています。

営業用バス運転者の年収(規模別)_27

平成27年 営業用バス運転者の年収(年齢別 ※男性のみ)

営業用バス運転者の年収は、年齢による上昇はあまりなく、おおむね300万円~400万円台を推移しています。

平均年収は427万円となっています。

営業用バス運転者の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。