アニメーターになるには

目指すための道はさまざま

アニメーターは、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。

一番に求められるのは、プロとして仕事をこなせるだけの「画力」であり、極端なことをいえば、もし十分なスキルが備わっているのであれば、今すぐに仕事を始めることも不可能ではありません。

ところが、画力といってもデッサン力や画面構成力などさまざまなスキルが必要なので、「ただ人と比べて絵が上手」というだけでは務まりません。

画力は独学で向上させることもできますが、行き詰まってしまうことも考えられます。

そこで、学校に通うという選択肢があります。高校卒業後に入学できるアニメーションの専門学校や美術系大学、アニメーション学科のある大学に通えば、アニメーターになるのに必要な基礎的なスキルは身につくでしょう。

その上で、アニメーションの制作会社やスタジオに就職し、アニメーターとしての一歩を踏み出す人が多いです。

アニメーターになるための学校

アニメーターの学校といえば、以前はアニメーション系の専門学校に進むのが一般的でしたが、近年は4年制大学でも、アニメーション学科やアニメーション専攻を置く学校が増えてきています。

専門学校は2年制が多いですが、中には1年制だったり大学同様の4年制で学べる学校もあります。学校によって雰囲気やカリキュラムはだいぶ異なるため、よく比較検討することが大切です。

どれだけの力があるかが大事

この仕事に絶対といえる年齢制限はありませんが、高校卒業後に専門学校や大学を出て…となると、20代半ばごろまでを採用の目安としている会社も多いです。

まずは下積みからスタートするため、年をとると収入や体力的に辛い面もあるためです。

学校に通ってもそれだけで就職できるわけではなく、最終的には自分の画力をアピールして認められる必要があります。逆に、いくら人手不足の制作会社でも、必要最低限の力がなければ雇ってもらえません。

そのため、どの学校に通うのかを考えることも大事ですが、アニメーターになりたいという強い気持ちと、普段からたくさんの絵を描くなどして、技術を向上させる姿勢が欠かせません。

アニメーターとして働く

就職すると、まずは原画と原画の間の絵を描く「動画マン」として仕事がスタートします。動画マンとしてスキルが認められると原画を描く「原画マン」へとステップアップすることができます。

さらに実力がつけば、作画監督へと全体を取り仕切る立場に変わっていきます。

アニメーターに求められる能力

<忍耐力>
アニメーション制作の現場は非常に過酷です。特に動画マンとしての時期は給料も低く、毎日長時間労働となります。

アニメが好き、絵を描くのが本当に好きで、繰り返しの作業に耐えられる忍耐力と、長時間労働ができる体力のある人でないと続けることが難しい仕事です。

<デッサン力>
動画マンから原画マンへと昇格するためには、センスやデッサン力が必要です。

アニメーターの今後の見通し

日本のアニメは世界で人気になりつつあります。ですが、労働環境は過酷なままであり、将来の担い手が育ちにくい環境となってしまっています。

中国などの人件費が低い国に作画の仕事を任せるという流れもあり、国内のアニメーターの育成が課題となっている状態です。

技術的な面では、CGなどのデジタル技術が発達し、コンピューターを使ってアニメを作成する方法も普及してきています。絵を描けるだけでなく、将来的には専用のソフトを使いこなせることが必要になってくる可能性があります。