フリーランスのアニメーター

フリーランスのアニメーターとは?

フリーランスのアニメーターとは、制作会社やスタジオに所属せず、自宅などで基本的に一人で仕事をする人のことをいいます。個人事業主と呼ばれることもあります。

フリーランスの人たちは会社と社員としての雇用契約を結ぶのではなく、個別に契約して一定の業務を任されています。

給料は社員のように固定給がもらえるわけではなく、仕事ごとに定められた報酬が収入となります。

アニメーターの場合は「1枚あたり○○円」という歩合制が一般的で、会社による社会保険制度などの保証もないため、社員に比べれば不安定な働き方です。

フリーランスで働く人はさまざまな業界にいますが、アニメーターの場合は半数以上がフリーランスであるともいわれています。

制作会社やスタジオで社員同様に働いていても、ただ机を借りているだけで、実際はフリーランスということもしばしばあるようです。

フリーランス集団のスタジオ

フリーランスで働く場合は自宅で仕事をしていることが多くなりますが、同じようなフリーランスのアニメーターが何人も集まって、スタジオを借りて一緒に仕事をしていることもあります。

集団でいると普通の組織のようにも見えますが、あくまでも個々がそれぞれ別々に会社と契約しているフリーランス集団です。

彼らはまれに同じ仕事をすることもありますが、基本的にはまったく違う仕事をしています。では、なぜわざわざ集まって仕事をするのでしょうか?

さまざまな理由がありますが、業界の最新情報の共有ができたり、仕事面でのアドバイスをし合ったり、家ではだらけてしまいがちな人でも、スタジオに通うことでメリハリのついた生活ができるといった面があるようです。