管工事施工管理技士の転職事情

資格を生かした転職がしやすい

建築物にとってさまざまな管工事は必要不可欠なものであるため、管工事の責任者として活躍できる管工事施工管理技士の需要は大きなものとなっています。

いま、建設業界全体が技術者不足といわれますが、とくに管工事施工管理技士は実務経験を積まなければ取得できない国家資格であるため、資格を持っている技術者を採用したいと考える企業は多くあるようです。

建設会社やガス・給水・空調といった各種管設備の施工管理会社、配管工事会社などを中心に、この資格を持つ人が活躍できる場は多岐にわたっているといえるでしょう。

経験やスキル次第で、大幅な収入アップも

建設業界の技術者は個人の経験やスキルによって給料に差が出やすく、実力のある人はより良い待遇で働ける可能性が高まります。

管工事を行う建設会社としても、管工事施工管理技士が多数在籍することで自社の技術力を証明することができるため、この資格があれば、転職をきっかけに大きく収入アップさせることも不可能ではありません。

また、2級管工事施工管理技士を足がかりに1級管工事施工管理技士、さらには建築設備士や建築士といった別の資格まで取得し、仕事の幅を広げている人もいます。

必要なスキルは?

管工事施工管理技士が転職を考える際に求められるのは、まずは技術者としての専門知識や技術です。

それに加えて、管工事施工管理技士は現場を管理していく役割を担うことが多いため、現場の職人をはじめ、役所の担当者、その他さまざまな立場の人とうまくコミュニケーションをとっていく力が求められてきます。

マネジメントスキルまで備えた人材は、さまざまな現場で重宝されるでしょう。

なお、管工事施工管理技士の転職希望者向け求人は、一般的な転職情報サイトに多数掲載されていますが、建設業界に特化した転職支援サービスや転職情報サイトを使って、効率よく求人を探していくこともできます。