Webデザイナーの働き方の種類と雇用形態

Webデザイナーの雇用形態の種類

Webデザイナーは雇用形態・働き方の選択肢が多い職業といえます。

Webデザイナーのおもな雇用形態・働き方
  • 正社員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト
  • フリーランス
  • 副業・在宅

Web制作会社やWebサービス開発会社、広告代理店など、継続的にWebに強い戦力が求められる企業では、正社員の雇用が多いです。

一般の事業会社では、一時的にWebデザイナーが必要とされる場合や、簡単な運用業務を行う場合があることから、派遣社員やパートタイムでの求人が多い傾向です。

企業には所属せずにフリーランスとして働く人、また最近では副業・在宅のWebデザイナーになる人もいます。

雇用形態・働き方によって仕事上の責任や勤務時間、残業の有無、待遇などが異なるため、理想の働き方をよく考えて選びましょう。

正社員のWebデザイナー

責任感とプロ意識が求められる

正社員のWebデザイナーでは、他の雇用形態と比較すると待遇が安定しています。

社会保険などの福利厚生がしっかりしていることが多く、繁忙期でなければ有給休暇をとることも可能です。

給与は会社規模にもよりますが、年収350~500万円くらいになる人が多いでしょう。

デザイナーチームのリーダーになると、さらなる収入アップも期待できます。

一方、職場によっては残業も多く、また会社のデザイン面のレベルアップに貢献するというプロ意識が求められます。

キャリアが積める一方で、業務範囲は限定的

正社員の場合、社内でディレクターなどの管理職やデザインチームの主任になるなどキャリアアップも期待できます。

一方、会社によって受注する案件の幅が決まってくるため、同じような業務を繰り返すことも多く、仕事での刺激がなくなったり、スキルアップの限界を感じることもあります。

そうした場合、身につけたスキル・経験を生かし、新しい企業で再び正社員のWebデザイナーとして活躍する人もいます。

派遣のWebデザイナー

実力で仕事内容や待遇が変わる

派遣社員としてWebデザイナーをする人も多いです。

派遣の場合、派遣会社がデザイナーのスキルや経験をもとに案件を探して紹介するため、条件のよい仕事ができる可能性が高いです。

経験が不足している場合は、業務負荷の少ない案件や、アシスタントがメインの案件などを回してくれます。

スキルや仕事内容によって給与など待遇面も変わりますが、実績のある人ならよい条件の仕事も探しやすいのが特徴です。

未経験でも実績を積める

派遣の場合、未経験だとしても現時点のスキル相応の派遣先を紹介してくれるため、地道に経験を積んでいくことも可能です。

仕事が見つかるまでの間、必要なスキルやビジネスマナーをトレーニングしてくれる派遣会社も多くなっています。

派遣で実績をある程度積んで、正社員の採用試験を受けるのもよいでしょう。

契約によっては、将来的に派遣として勤務していた先と雇用契約を結べることもあります。

アルバイト・パートのWebデザイナー

仕事内容はアシスタントが中心

アルバイトやパートとしてのWebデザイナーの求人も見られます。

おもな仕事は社員デザイナーのアシスタント業務で、簡単な素材作成や素材撮影の補助、チェック作業などが中心です。

過去に社員として勤めていたなど、スキルが明確な場合はより高度な作業を担当し、作業に応じた時給になることもあります。

時間の自由が利くのが最大のメリット

アルバイトやパートは時間の自由が利くのが最大のメリットです。

週に3日だけ、1日あたり3~5時間の勤務という人も多く、ワークライフバランスを重視したい人があえてこの形態を選ぶことがあります。

また、将来Web業界で働きたいと考えている学生が、アルバイトでWeb制作現場を経験するケースもあります。

能力やセンス、コミュニケーション能力が評価されれば、職場から直接スカウトされるかもしれません。

フリーランスのWebデザイナー

仕事内容は幅広い

フリーランスのWebデザイナーは、Webデザインがメインではありますが、個々のスキルによって企画やコーディングなど制作の幅広い部分に携わります。

個人の力で仕事を獲得していく必要があるため、日々スキルアップに励み、できることを増やしていくことが重要です。

他の人にはない「強み」をもてると、安定して仕事を続けやすいでしょう。

収入も自由な時間も増えることが多い

Webデザイナーは、独立にあたっても大掛かりな設備や経費は必要ではありません。

また、得られる報酬の大部分が自分の収入となるため、一定のスキル・実績を積んでいる人であれば、企業勤めの場合よりも収入が高くなる傾向があります。

勤務時間の指定もないため、制作スケジュールさえきちんと守れば、自由な時間帯に働くことが可能です。

仕事を安定的に得るのが難しい

Webデザイナーがフリーランスとして働く厳しさは、仕事を安定して得ることが難しいことです。

本人はやる気があっても、他の案件の都合や健康状態、家族の状況による都合などで、思うように仕事を受けられないこともあります。

しかし、会社員のように決まった給料が毎月支払われるわけではないため、仕事ができないと一気に生活苦に陥ってしまう可能性があります。

また、営業活動や事務処理など、制作業務以外の部分にストレスや負担を感じる人もいます。

副業・在宅のWebデザイナー

仕事は軽作業が中心

副業や在宅のWebデザイナーは、基本的にバナー作成やブログやホームページの更新作業といった軽作業を中心に担当します。

副業や在宅の場合、勤務時間の指定がないことが多く、比較的自由な働き方ができます。

ただし、納期をしっかり守ることが大切です。

収入はスキルと要領しだい

副業・在宅のWebデザイナーの場合、収入はスキルと要領によります。

制作だけでなく、営業にかかる時間も考える必要があり、時給換算すると非効率な場合も多いです。

勉強や下積みと考えるならよいですが、本業や収入源として期待するなら業務の効率化を常に考えることが大切です。