Webディレクターの勤務時間・休日・残業

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Webディレクターの勤務時間

Webディレクターは定時が定められていたとしても、勤務時間は長めになる傾向です。

また、残業や休日出勤も他の業界と比べてWebディレクターは多く、休日だとしても現場のスタッフが作業している場合、確認や相談の電話が鳴ることもあります。

勤務時間はスタートが遅めで10時~11時からの会社も多く、その場合は退社が20時~21時になることも多いです。

Webディレクターは残業が多いため、他の仕事よりも残業時間が長く見積もられており、30~50時間分の残業代が最初から固定で支給されている場合もあります。

複数の仕事を抱え、納品が近くなると終電前まで仕事をしたり、土日のどちらかは出勤になることも多いです。

Webディレクターの休日

Webディレクターはあまり休めないイメージがあります。

実際、繁忙期が近づけば休日出勤はあたり前のように行われますし、休みの日だとしても問い合わせの電話がかかってくる場合も多いです。

しかし、余裕のある時期には大胆に休む人も多いのが業界の特徴で、代休や有給休暇を使ってまとめて長期の休みを取る人も少なくありません。

休みが定期的に欲しい人には厳しい職種かもしれませんが、仕事をキリのいいところまでしっかり片付けて、しっかり休みたいという人には嬉しいワークスタイルです。

また、現場のスタッフも繁忙期の忙しさをよくわかっているので、余裕のある時期にしっかり休むことに好意的な職場が多いです。

Webディレクターは忙しい?激務?

Webディレクターは案件を多く抱えるほど忙しくなり、繁忙期に入れば休日も出勤し、連日のように終電まで働いていることもあります。

ホームページなどのリニューアルが多く行われる時期は4月や9月の年度変更が多く、そのため2~3月、7~8月は忙しくなります。

クライアントの種類によっては、サイトの修正やリニューアルの追加予算が決まる10~11月、5~6月など決算前の時期も忙しいです。

ただ、年中そういった状況ということはなく、繁忙期が読みやすいため計画は立てやすい職種です。

基本的に顧客層や得意とする業界の繁忙期に合わせて忙しくなるため、顧客の業界に対する知識があれば公私のスケジューリングは難しくありません。

Webディレクターの休日の過ごし方

Web業界は若い人が多い業界であるため、仕事上の影響が少ないなら有給を取ったり定時で上がったりすることに寛容です。

平日は仕事や勉強にいそしみ、休日は1日は遊び1日はゆっくり過ごすなど、バランスを考えて一週間のスケジュールを組んでいる人も少なくありません。

新しいものが好きな人も多いため、休日明けには旅行や話題のスポットに行った話題も多く聞こえます。

Webディレクターは休日中にも問い合わせがある場合も多いため、前もって「明日は家でゆっくりしているから連絡はOKだけど、あさっては外出しているからダメ」と休みのスケジュールを現場と共有するなど、休み方を工夫する人も多いです。

休日でも職場との連絡が取れるように注意を払い、定期的にメールや着信がないか確認している様子もよく見られます。

Webディレクターの1日・生活スタイル

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost