回答者:佐藤夕子さん(女性/42歳)

職業名:ビル管理 インフォメーション / 現在の状態:経験者 / 経験年数:5年

仕事内容
新宿副都心のある高層ビルでインフォメーションをしていました。

一階ロビーにあるカウンターで待機して、テナント企業で働く方、その関係者、また一般の方へのご案内が主な仕事です。

以前にもインフォメーションの仕事をしていたので、慣れた業務のほうがよいと思って応募したところ採用されました。

直接の雇用主は港区にあるビル管理会社で、配属先が新宿となっており、業務形態としては委託という形になるかと思います。
仕事のやりがい
毎日多くの方と顔を合わせ、ご案内したときに「ありがとう」といわれるとやりがいを感じます。

通常では知り合えないような大企業の重役の方と会話を交わせたり、ちょっとしたお土産をもらったりしたのもうれしい経験でした。

また複雑な新宿の地理に通じなければならないので、その勉強をするのも楽しかったです。
覚悟しておいた方がいいこと
色々な方と顔を合わせるので、怖い思いをすることが少なくありません。

明らかに異常な方は警備員さんが対処してくれますが、頼ってばかりもいられないので多少言動がおかしい方でもなんとかやりすごしてこちらで対応するようにしていました。

将来性に関しては期待できません。

遅くても40歳前にはみな退職するので、やはりそのあたりの年齢になってくると居づらい雰囲気はあります。

ストレスの少ない仕事のせいか同僚同士の仲もよく、職場環境としては最高でした。

残業もないし、有休もきちんととれてこんなにいい職場はないと感じていました。

しかし齢をとっても働けるというわけではない点が大きなデメリットです。
給料・待遇
勤続年数ごとに昇給してゆくシステムですが、長く働いている先輩に話を聞いたところ大して昇給額は多くないとのことでした。

私で手取り16万円ほど、賞与は年2回、一か月分です。

世間一般としては少ないほうだと思います。

しかし土日祝休み、9時から17時半までの勤務で休憩時間が2時間、上司もうるさくなく、なにより同僚同士の仲が良好だったので特別不満はありませんでした。
この職業の恋愛・結婚事情
雇用上近しい関係にあるテナント企業があり、そちらと飲み会をしてお付き合いに発展し、結婚した同僚が数人いました。

しかしプライベートで知り合って普通に結婚するというのがほとんどです。

高齢になって働ける職場ではないので、パートナーのいない人はお見合いサイトや婚活パーティーを利用して積極的に動いていました。

結婚後も働き続けて、40歳前でやめるというパターンが多かったです。
この職業を目指す人へのメッセージ
インフォメーション系の仕事は総じてお給料は低めだと思います。

そのかわりお仕事は他の職業と比べて大変ではないので、激務には耐えられないという方にはおすすめです。

私の職場は齢をとると居づらくなる環境でしたが、もっと長く先まで続けたいという方は事前によく下調べをし、そういった職場環境のインフォメーションを見つけたほうがよいと思います。