管工事施工管理技士の資格

管工事施工管理技士の資格とは

管工事施工管理技士の資格は、国土交通省が管轄する「施工管理技士」という国家資格のうちの一種です。

この資格を持つ技術者は、管工事の施工計画や安全管理、工程管理、品質管理などに携わることができ、さらに建設業者の営業所や工事現場における「監理技術者」や「主任技術者」としての役割を務めることができます。

資格を取得するメリットは?

管工事に携わること自体に、資格が必要なわけではありません。

実際に、資格を持たずに職人としてひたすらスキルを磨き、第一線で長く活躍している人もいます。

しかし、将来的に現場をマネジメントする役割を担ったり、管工事の施工管理に携わっていきたいのであれば、管工事施工管理技士の資格取得を目指す必要が出てきます。

管工事施工管理技士は、学歴に応じた実務経験を積むことで国家試験の受験資格を得ることができるため、管工事を専門にする技術者がステップアップしていくなかで取得するケースが多くなっています。

1級と2級の資格の違い

管工事施工管理技士の資格は「1級」と「2級」の2つの区分に分かれており、1級の資格を持つ人は大規模工事を、2級の資格を持つ人は小規模な工事を扱うことができます。

さらに2級管工事施工管理技士は、建設業法で定められた一般建設業の許可を受けた建設業者の営業所や工事現場における、「専任技術者」および「主任技術者」となることが認められています。

一方、1級管工事施工管理技士は、特定建設業の許可を受けた建設業者の営業所の「専任技術者」および工事現場の監理技術者になることが認められています。

1級を持っている人のほうが、2級を持っている人よりも幅広い業務に携わることができるのが特徴です。

受験資格が異なる

管工事施工管理技士の資格試験では、1級・2級ともに学歴と実務経験年数の組み合わせによる受験資格が設けられています。

実務経験がまったくない人は受けられないものとなっており、同じ学歴であれば、1級のほうが2級よりも実務経験の必要年数が異なります。

詳しくは、下記のページより受験資格についてご確認ください。

施工管理技術検定の案内