管工事施工管理技士の給料・年収

平均年収

管工事施工管理技士になるには、定められた年数の実務経験を積まなくてはならないため、管工事施工管理技士の給料は新人の技術者や資格を持っていない一般の技術者よりも高く設定されていることがほとんどです。

もちろん、勤務先や個人のスキル、保有資格、経験などによっても変わってきますが、年収400万円~500万円程度がボリュームゾーンとされています。

技術者として経験を積み、会社内で重要な役職に就いたり、業務の責任範囲が広がっていくことで、さらなる昇給が期待できるでしょう。

大手企業に勤める場合は、勤続年数が上がることで年収800万円程度となっている人もいるようです。

資格手当が支給されることが多い

管工事施工管理技士は国家資格であり、この資格を持っていると給与や待遇面でも優遇されることが多いです。

代表的なものが「資格手当」の支給です。

資格手当の金額は会社によって異なりますが、2級管工事施工管理技士で月に5千円程度、1級管工事施工管理技士で月に1万円程度のところが多いようです。

このほか、「排水設備工事責任技術者」「給水装置工事主任技術者」「消防設備士」などの資格も併せ持って活躍する人もいます。

さらに「現場手当」や「技能手当」など、技術職ならではの各種手当が支給される会社もあります。

こうした手当まで合わせていくと、同年代で他職種に就いている人よりも高額な年収になる人もいるようです。

転職を機に収入をアップさせることも

管工事施工管理技士の需要は大きく、とくに1級の資格まで持っている人は携わることができる業務範囲が広くなることから、転職時に優遇されやすいといわれています。

もちろん、資格だけではなく、これまでにどのような経験を積み、どのようなスキルを身につけているかも重要です。

技術職であるため、しっかりと経験を積みながらスキルアップに努めていくことで、転職をきっかけに収入をアップさせやすい仕事であるといえるでしょう。