管工事施工管理技士の一日

管工事現場の責任者として活躍する

管工事施工管理技士のおもな仕事は、管工事の現場における責任者として、施工計画の作成や、工程管理、安全管理、品質管理といった施工管理に携わることです。

一般的な技術者が、実際に手を動かしながら作業をしていくのに対し、管工事施工管理技士はチームのメンバーをまとめ、スケジュール通りに工事が進むように指示を出していきます。

また、現場の安全が保たれているかをチェックする役割も担います。

ときには自ら現場作業を行うこともありますが、書類作成や関係各所との打ち合わせなども多く、1日中忙しく働いている人が多いようです。

配管工事会社で働く管工事施工管理技士のある1日

8:00 出勤
会社に出社してから現場に向かうこともあれば、自宅から直接現場に向かうこともあります。

営業所に到着次第、作業服に着替え、当日の作業予定の確認を行います。

8:30 朝礼
メンバーが全員揃ったところで、ラジオ体操を行って身体を目覚めさせます。

さらに朝礼を行い、当日の作業の流れや注意点などについて情報伝達をします。

9:00 現場確認
現場での作業がスタートすると、管工事施工管理技士は現場全体を巡回し、作業に問題やトラブルが起こっていないかをチェックします。
12:00 休憩
体力勝負の仕事であるため、昼休憩はしっかりととります。

持参した弁当など昼食を食べて午後の仕事に向けてリフレッシュ。

13:00 現場確認
午前中と同様、現場を巡回して作業の進捗状況や技術者たちの様子をチェックします。
14:00 施工計画をまとめる
今後の工事の施工計画を見直し、資料にまとめていきます。
15:00 打ち合わせ
事務所で他のリーダーたちと一緒に打ち合わせを行い、翌日の仕事の流れを確認します。
16:30 デスクワーク
現場の片付けが終わると、管工事施工管理技士はデスクワークに入ります。

役所に提出する書類も多く、遅くまで残って仕事をすることもあります。

18:30 退社
翌日の準備をしてから営業所を後にします。