女性の管工事施工管理技士

女性管工事施工管理技士の需要は?

建設業界はまだまだ男性中心の業界とされており、あらゆる工事現場で働く技術者も、やはり男性のほうが圧倒的に多いことは事実です。

しかし、現在の日本では人口減少などによる人手不足が問題となっており、国を挙げて女性の技術者育成に力を入れています。

こうしたなか、女性にとって働きやすい職場環境づくりに取り組む建設系の企業も増え、女性の管工事施工管理技士は少しずつではあるものの増加しているようです。

実際、建築分野に興味を持つ女性も増えているとされ、大学や短大などで建築学を学び、そのまま建設業界への就職をする人が将来的に管工事施工管理技士を目指していくというケースは目立つようになってきています。

女性ならではの強みも生かせる

管工事施工管理技士は、さまざまな建物のあらゆる管工事に携わることができます。

もちろん一般住宅に携わることもありますが、家の中に上がるリフォームや改修工事の場合、女性のお客さまにとっては女性技術者のほうが安心という声もよく聞かれます。

こうしたニーズもあり、まだ女性技術者が少ないなかで、女性の存在は会社にとって貴重なものと考えられているようです。

女性でこの分野に進む人を積極的に受け入れようとする企業は増えているため、これから管工事施工管理技士を目指していきたいと考える女性にとって、チャンスはたくさんあるといえるでしょう。

手に職をつけて働ける

管工事施工管理技士の資格を持っている人は建設業界で高く評価され、収入も一般的な技術者よりアップさせやすいため、女性でもこの業界でしっかりと稼ぎたいと考えている人には、やりがいを感じられやすい仕事だといえます。

社内で管理職へと昇進していくことで任される責任範囲も広がり、より難易度の高い仕事に挑戦していくことができます。

また、この資格は一生モノの国家資格となるため、手に職をつけて働きたいと考えていたリ、一度は現場から離れる場合でも資格を生かして再就職したいと考える女性にも向いています。