管工事施工管理技士に向いてる人、適性

建物の配管部分に興味がある人

管工事施工管理技士は、建築業界の仕事のなかでも、建物の配管部分を専門とする技術者です。

また、管工事とひとことでいっても、その種類は空調から給排水、照明、エアコン、ガス、さらには消火といったさまざまな分野に分かれ、管工事施工管理技士はこうした各分野のスペシャリストとして施工管理を行っていきます。

そのため、建物が好きであることももちろんですが、とくに建物の内部構造や、配管部分に対してワクワクできるような人、技術を突き詰めていきたいと思えるような人が、この仕事には向いています。

技術者として成長していきたい人

管工事施工管理技士は、技術系の仕事のなかでも建築や土木の方面で活躍できる仕事です。

この資格を持っている場合には現場の責任者として活躍することが多いですが、あくまでも技術者の一人であり、専門的な知識や技術を身につけなくてはならないため、技術者として成長したい気持ちがが必要不可欠といえます。

現場を統括する立場になると、施工スキルはもちろん、安全衛生面での知識や現場をまとめていくマネジメント能力なども求められます。

人々の暮らしを支える建物の工事に携わりながら、責任ある仕事を任されるためにスキルを磨いていきたいという強い気持ちが大事です。

さまざまな立場の人と接するのが好きな人

管工事施工管理技士は、施工現場の多くの技術者たちの動きをコントロールして、指揮監督をする役割を担います。

また、発注者や下請け会社との間に入って交渉事を行ったり、役所など関係各所への連絡、また他の業者との窓口なども担当することがあります。

もちろん、デスクワークなど黙々と一人で行う作業もありますが、人の間に入ってうまく立ち回り、現場の人間をまとめていく力が要求される場面も出てきます。

そのため、さまざまな立場の人とコミュニケーションをとることが好きな人に向いている仕事です。