柔道整復師の就職先と仕事内容の違い

柔道整復師の勤務先・働き方の種類

柔道整復師の勤務先や働き方は、大きく分けると以下のようなものが挙げられます。

・整骨院・接骨院
・病院の整形外科
・スポーツ領域(スポーツトレーナー
・独立・開業

整骨院や接骨院は数が多いだけに、柔道整復師の代表的な就職先となっています。

また、経験を積んだ柔道整復師は独立し、自分の院を開業する人も少なくありません。

一方、最近ではスポーツトレーナーとしてアスリートの身体づくりやコンディション調整に携わったり、介護・福祉や美容など、医療とは異なる領域で柔道整復の知識や技術を生かす人も増えつつあります。

柔道整復師の仕事内容

整骨院・接骨院で働く柔道整復師

柔道整復師の勤務先として最も代表的なのが、整骨院や接骨院です。

どのような街にも、たいていひとつはこのような院があり、柔道整復師が個人で運営する地域密着型の小規模な院も多いです。

このような院では、筋肉や骨などに違和感を抱える患者さんに対し、目で見る「視診」と患部に触れる「触診」によって、損傷の状態を正確に把握し、損傷の状態にあった適切な判断と治療を行っていきます。

そして固定や整復、理学療法、運動療法、テープ療法など、損傷に合わせた治療を行っていきます。

整骨院・接骨院は数が多く、院によって経営方針や働き方はだいぶ変わってくるでしょう。

また、立地によってお年寄りの患者さんが多かったり、運動に打ち込む学生の患者さんが多かったりなど、患者さんの種類にも多少の違いが出てきます。

病院(整形外科)で働く柔道整復師

柔道整復師は、病院の整形外科で働く人もたくさんいます。

病院の整形外科で働く柔道整復師は、医師理学療法士の指示によって、リハビリや整復補助を行います。

理学療法士の仕事

「リハビリ」とは、固まってしまった患部を物理療法や手技療法によって施術することです。

柔道整復師の治療方法は、患部を固定や整復するといった手術をしない「非観血的療法」によって損傷を治していくため、関節部分などを長く固定しているとその部分が固まってしまいます。

それを元通りに動けるよう助けるのがリハビリです。

また、最近では整形外科以外で働く柔道整復師も増えてきており、医療現場で活躍できるチャンスも広がっているようです。

スポーツ領域で働く柔道整復師

有名選手の陰には、たいてい名スポーツトレーナーがいるというのはよく知られたところです。

そのような形で近年、注目されることがあるのが柔道整復師です。

柔道整復師のなかにはスポーツトレーナーとして、アスリートの身体づくりやトレーニングのサポート、コンディション管理などに携わる人もいます。

とくにケガの処置の面で柔道整復師が活躍することが多く、もし選手がケガをしてしまった際には、患部の状態を確認してアイシングやテーピングなどの救急処置を行ったり、回復を促すためのリハビリテーションをサポートしたりします。

スポーツトレーナーの仕事

このような形で働く柔道整復師は、プロスポーツチームと契約をしたり、スポーツ関連施設で働いたりすることが多いです。

このほか、最近では介護保険関連施設や教育機関、美容分野などでも、柔道整復師が求められることがあります。

独立・開業して働く柔道整復師

柔道整復師の資格があれば、独立して整骨院や接骨院を開業することもできます。

もちろん、柔道整復師は経験を積んでいくことで知識・技術を向上させることができるため、資格を取得してすぐに独立・開業というのは難しいのは事実です。

実際には、まずは街の整骨院や接骨院などに就職し、スキルアップして自信をつけたところで独立・開業する人が多くなっています。

ただし、独立・開業のタイミングは決められているわけではないため、早ければ資格取得後の早い段階で自分の院を持つことも可能です。

柔道整復師は海外でも働ける?

柔道整復師の国家資格は、あくまでも日本国内でのみ有効です。

そのため、日本で国家資格を取得したとしても、その資格自体は海外においては効力を発揮させることができません。

しかしながら、日本に伝わってきた柔道整復の技術は、いま海外からも大きな注目が寄せられています。

それを示すかのように、平成14年には柔道整復技術が「Judo therapy」として、「ジュネーブWHO本部(世界保健機構)」にて正式に認知されました。

投薬や外科的な治療は行わない柔道整復の施術は、西洋の先進医療に代わるものとして期待されています。

徐々にではありますが、世界各国で柔道整復の認知度も高まりつつあるようです。

ただし、柔道整復が海外で注目され始めているとはいえ、まだ大きな普及にまでは至っていないのが実情です。

そのため、現時点では海外で働きたいと思っても、日本で働く場合のように柔道整復師として病院などに就職したり、独立するのは簡単ではないようです。

柔道整復師として海外で活動したいという場合、一つの方法として、都道府県社団法人の柔道整復師会に入会する方法が挙げられます。

柔道整復師会では、積極的に柔道整復師の海外協力や普及事業を行っており、海外からの派遣以来があれば自らも希望によって参加することができるようです。

また、独立行政法人の国際活動の一環としても、柔道整復術の普及事業が行われていることがあります。

この先、海外各国での柔道整復の認知度がさらに高まっていけば、海外での活躍の場も広がっていくものと考えられます。