柔道整復師の働き方の種類・雇用形態

柔道整復師の雇用形態

柔道整復師の雇用形態としてよく見られるのは、「正社員」もしくは「アルバイト・パート」です。

「契約社員」や「派遣社員」として働く人がまったくいないわけではありませんが、正社員やアルバイト・パートに比べると、求人数は少なくなっています。

また、柔道整復師は「独立・開業」することができるため、ある程度の経験を積むと、自分で整骨院を開いて経営する人もいます。

柔道整復師のおもな勤務先となる整骨院や病院の整形外科では、新卒や未経験者であっても、国家資格を取っていれば最初から正社員として雇用するところもあります。

一方、スタート時は全員アルバイトで、実力や勤務実績が認められると正社員へステップアップする形をとっているようなところもあります。

正社員の柔道整復師

正社員の柔道整復師の仕事内容

正社員の柔道整復師として働く人は大勢います。

ただし柔道整復師の勤務先の種類は多岐にわたり、その代表的な場となる整骨院や整形外科ひとつとっても、院によって規模や経営方針はさまざまです。

個人経営の院が多いことから、院長の考え方が色濃く反映されやすく、仕事内容や業務の流れなども勤務先によって変わってくるでしょう。

ただし、基本的には患者さんをお迎えし、症状を把握して適切に施術を行い、状態の改善を図っていくことが柔道整復師の役割です。

このほか、正社員の場合には片付けや清掃、売上管理、後輩の育成など、院の運営に関わる幅広い業務を任されることが多いでしょう。

正社員の柔道整復師の給料

正社員の柔道整復師の給料は月給となり、新人時代は20万円程度からスタートすることが多いでしょう。

経験や実績があると収入アップにつなげやすく、ベテランの柔道整復師になれば月に30万円以上を安定して得ることも可能です。

院によっては固定給ではなく、担当した患者さんの数に応じて給料が上乗せされる「歩合給」の制度を設けているところがあります。

その場合、患者さんを多く受け持てば受け持つほど収入アップにつながります。

また、副院長や院長へとランクアップしていくことで、役職手当がついたり、基本給が上がったりしていきます。

アルバイト・パートの柔道整復師

アルバイト・パートの柔道整復師の仕事内容

柔道整復師は、アルバイト・パートとして働く人も少なくありません。

一般的に、「アルバイト・パート」の働き方というと、正社員よりも仕事の責任は小さいと思われることがありますが、柔道整復師として働くのであれば、たとえアルバイト・パートでも国家資格は必須です。

しかし、患者さんの施術をせず、受付や先輩の補佐など限られた業務範囲であれば、無資格でも接骨院や整形外科などで働くことは可能です。

実際、柔道整復師の専門学校に通い、国家資格取得を視野に入れながら整骨院や病院でアルバイトをし、在学中に現場での研修を積むという人は少なくないようです。

柔道整復師のアルバイト・パートの求人が出されている場合、正社員と同様、患者さんの施術に携わるのか、それとも受付などの補佐業務を任されるのかはよく確認しておいたほうがよいでしょう。

アルバイト・パートの柔道整復師として働くメリット・デメリット

アルバイト・パートとして働く場合、正社員よりも時間的な拘束がゆるいことが多いです。

正社員は、職場によっては1日に10時間以上の長時間勤務になることもありますが、アルバイト・パートであれば短時間勤務も認められることが多いため、プライベートや他の勉強などと両立させて働きやすいことがメリットといえます。

ただし、給料や待遇面ではどうしても正社員に劣るため、不安定な立場で仕事をしなくてはなりません。

また、アルバイト・パートのままだと役職が上がらなかったり、責任のある仕事を任されにくかったりするデメリットもあります。

アルバイト・パートの柔道整復師の給料

アルバイト、パートの柔道整復師の給料は、「時給制」が基本となっています。

地域や経験などによっても異なりますが、未経験者は時給900円~1,200円程度が相場とされます。

ただし、多少でも実務経験があれば、時給1,500円程度からスタートになることもあるようです。

アルバイト・パートであっても、国家資格を持っていれば正社員の柔道整復師と同じように施術をすることも可能ですし、歩合給を取り入れている職場では実力次第でたくさん稼ぐことも可能です。

独立・開業して働く柔道整復師

柔道整復師の働き方としては、独立・開業という形もよく見られます。

経験がない人がいきなり自分の院を出すのは大変ですが、現場経験を積んで技術力を高め、さらに患者さんからの信用を集めていれば、独立して成功できるチャンスは十分にあるといえます。

独立・開業するとなると、いち施術者としての役割に加え、経営者という役割も担わなくてはなりません。

院の規模が大きくなれば、他のスタッフを雇って仕事を割り振ることも可能になりますが、院が軌道に乗るまではコストを抑える目的もあり、自分一人で運営していく人も多くいます。

最近では柔道整復師の有資格者が増え、独立志望者も増えているようです。

競争は厳しくなっており、独立・開業すれば必ず成功して稼げるというわけではないため、慎重に準備を進めていく必要があるといえるでしょう。