人事コンサルタントの資格

資格がなくても働ける

人事コンサルタントとして働くうえで、特別な資格が必要になるわけではありません。

人事や組織に関する専門性が問われる仕事ではありますが、資格を持っていなくても人事コンサルタントという職業に就くことはできますし、無資格の人を採用しているコンサルティング会社も多々あります。

とくに20代など若い人であれば、資格やスキルが足りていなくても、将来性や適性があると判断されれば採用されることもしばしばあるようです。

業務に関連するおもな資格

人事コンサルタントの仕事に関連する資格としては、以下のようなものが挙げられます。

社会保険労務士

略称で「社労士」と呼ばれることもあるこの資格では、企業の人事や労務、社会保険関係の専門家としての知識・スキルを持つことを証明できます。

労働関係の法律や、各種社会保険に関する知識などは、人事コンサルタントの業務に携わるうえでも役に立つことがあるでしょう。

ただし、人事コンサルタントは社労士のように社会保険の事務手続きを行うわけではないため、とくにこの資格がなくても働くことができます。

人事コンサルタントとして働く人が、さらに知識を深めるために必要に応じて取得するケースが多いようです。

社会保険労務士の仕事

キャリアコンサルタント

国家資格の「キャリアコンサルタント」は、「キャリアコンサルタント」と名乗ってキャリア形成やキャリアプランなどのアドバイスや指導を行うことができる資格です。

人材のキャリア育成に関する知識を深めるという点では、この資格も役立たせることができるかもしれません。

キャリアコンサルタントの仕事

資格以上に重要なものとは

人事コンサルタントとして活躍していくうえで最も必要になるのは、人事に関する業務をどれだけ理解できているかどうかだといえます。

たとえば、事業会社で人事部として働いた経験がある人は、人事コンサルタントになりやすいといわれています。

また、最近ではグローバル案件も増えていることから、英語力が高い人は重宝される機会が増えるでしょう。