医療秘書に資格は必要? おすすめの資格や検定は?

医療秘書におすすめの資格は?

医療秘書として働くために取得しておかなければいけないような特定の資格や免許はありませんが、合格することで、就職試験を受ける際に医療秘書に関する専門的な知識があることをアピールすることができます。

就職に有利になるようにとの目的で医療秘書に関連した資格試験を受験する人も多いようです。

実際に、医療秘書の経験や資格を問わずに、求人募集を出している病院やクリニックも少なくありませんが、取得しておいてじゃまになるものではありません。

資格取得や学んだ知識が就職の際に役立つこともありますので、医療秘書に関係する「日本医師会認定医療秘書資格」と「医療秘書技能検定」の2つの資格を下記で紹介します。

より人気のあるポピュラーな資格は、医療秘書教育全国協議会が実施する「医療秘書技能検定」です。

医療秘書資格の種類は?

医療秘書関連の資格として、主に下のふたつが有名です。

どちらも国家資格でなく、民間資格になります。

日本医師会認定医療秘書資格

「日本医師会」が認定する、高度な情報化社会の中で、高い情報処理能力や専門的な医療事務の知識を兼ね備えた人材の育成を目的にした資格です。

認定を受けるには、日本医師会が指定した大学などの教育課程の修了・認定試験の合格・検定の取得が必要となります。

参考:日本医師会認定医療秘書

医療秘書技能検定

「医療秘書教育全国協議会」が認定する資格で、年に2回ある試験に合格することによって資格が与えられます。

受験資格は特になく、だれでも受験することができます。

参考:一般社団法人 医療秘書教育全国協議会

日本医師会認定医療秘書資格ってどんな資格?

では、日本医師会認定医療秘書資格とはどのような試験なのでしょうか。

試験の概要

日本最大の医師団体である日本医師会が実施する試験で、専門的な医療事務の知識と、最新の情報処理技能を備えるとともに、医師を補佐する医療秘書として、ふさわしい対応ができる能力があるかが認定されます。

医療秘書認定試験には、資格取得のためにいくつかの条件があり、

(1)認定養成機関におけるカリキュラムを修了すること。
(2)医療秘書認定試験に合格したあと、日本医師会既定の秘書技能課目を3課目取得すること。

この2つの条件をクリアしないと資格の取得ができません。

条件の(1)でいう養成機関としては、県医師会が直接養成を行う「通信制」(2年)と、県医師会が外部教育機関に養成を委託する「全日制」(1年以上)があります。

医療秘書認定試験は年に一度実施され、合格率は90%を超える試験となっています。

試験の内容

試験の内容として、「医療・保健・福祉基礎教科」でからだの構造と機能や臨床検査と薬の知識、医療にかかわる用語、コミュニケーション論などの範囲から、「医療秘書専門教科」では医療秘書概論、医療秘書実務、医療情報処理学、医療関係法規概論、医療保険事務などの実務範囲から出題される2教科の試験となっています。

この試験は、医師が本来の活動に専念できるよう、基礎的な医学の知識、秘書技能を備え、最新の情報処理・管理に精通した「医療秘書」の養成を行う目的で実施されています。

試験合格後に規定の秘書技能科目(秘書検定、情報処理、保険請求事務など)取得を条件に資格認定されます。

医療秘書技能検定ってどんな資格?

医療秘書技能検定とはどのような試験なのでしょうか。

まず、この検定を受けるにあたっては、年齢や学歴などの受験資格が一切ありません。

誰でも挑戦できるので、学生から主婦まで幅広い世代の人が検定試験を受験しているようです。

試験の概要

検定試験は「3級」「2級」「準1級」「1級」と分かれており、「1級」が一番難易度が高いとされています。

受験料は「3級」4000円、「2級」5100円、「準1級」5800円、「1級」6500円となっています。

試験時間が異なる級に関しては、併願して一日のうちに2つの試験を受けることも可能です。

試験の内容

気になる試験の内容ですが、医療事務や医療関連の法規に関する知識、病気や人体に関する知識などが幅広く問われます。

(領域Ⅰ)として「医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規」、(領域Ⅱ)として「医学的基礎知識、医療関連知識」、(領域Ⅲ)として「医療事務(レセプト作成、診療報酬点数表の理解)」が出題されます。

「医療秘書検定テキスト」や「医療秘書検定問題集(2級、3級)」などの本を読んで勉強するとよいでしょう。

また、民間の専門学校や通信講座にも医療秘書コースなどがあるので、こうしたコースを利用して勉強するのもひとつの方法です。