医療秘書の働き方と勤務形態の種類

医療秘書の雇用形態

求人情報にある医療秘書の求人には、アルバイトや派遣社員、契約社員・正社員など、さまざまな雇用形態が存在します。

生活や希望などによって、雇用形態を選んで仕事をすることができる医療秘書は女性にとって、出産・育児・介護などワークライフバランスのとりやすい職業であるといえます。

また、医療秘書の勤務先である総合病院・クリニックなどの医療機関は全国にまんべんなく存在していることも、ライフステージによって働く環境がかわりがちな女性に適した職種でしょう。

それでは、医療秘書の給料や年収はどのくらいなのでしょうか。

まず、医療秘書の給料や年収に関しては、雇用形態が正社員なのか、派遣社員や契約社員などの非正規雇用なのか、どのような医療機関に勤めているかによって大きな差があります。

勤務時間や業務内容に加え、給与や待遇面など総合的によく検討して、自分に合った職場・就業条件などを検討することが大切です。

医療秘書の勤務時間は働き方によってさまざま

一方、医療秘書の勤務時間は働き方によってさらにさまざまです。

勤務時間は就業先の病院や大学病院、クリニックなどの開院時間によりますが、正職員の場合は朝8時半から9時半前後に始業し、17時半から18時前後に終業といったパターンが中心です。

その間にお昼休憩が1時間挟まりますが、しっかり一時間とることができるのかどうかは勤務先の忙しさやタイミングなどによることも多いです。

繁忙期には昼休み返上で業務にあたることもあります。

一方、クリニックの非常勤スタッフとして勤務する医療秘書の場合は、固定された曜日の出勤であったりシフト制であったりと出勤日や時間はケースバイケースです。

患者さんの多いクリニックなどでは、日中の勤務が中心であり、勤務先によっては交代制を採用しているところもあります。

クリニックなどの場合は午前診が終わった後、長めの昼休憩を取って夜17時から18時ごろに夜診が始まるケースも多く、その場合は医療秘書やスタッフは3時間ほどある昼休憩にいったん家に帰り、家事などを済ませて夜診に戻ったりといった動き方で勤務するようです。

正社員の医療秘書

では、フルタイムで働く正社員の医療秘書の年収についてみてみましょう。

患者数が多くて人気があり経営が安定しているような総合病院で正社員として働いている場合は月収が15万円~25万円ほどになるのが一般的です。

家賃補助として住宅手当が支給されたり保養所が使えたり提携している施設で優待サービスを受けられたりすることもあり、福利厚生の面でも充実しています。

また、ボーナスも年に2回ほどあります。

医師の学会準備の手伝いなどで残業や休日出勤が多い医療秘書の場合、年収300万円以上を稼げることもあるようです。

学会の付き添いなどで、出張などが入った場合は、出張手当などが加算されることもあります。

また、正社員で勤務する場合の医療秘書には、就職先が大きな総合病院や大学病院などの規模の医療機関であればしっかりした福利厚生が保障されていることが多くあります。

例えば、休日休暇の場合、週休2日制に加え、長期休暇や年次有給休暇、慶弔休暇などの特別休暇はもちろんのこと、近頃の取り組みとして育児休業および育児短時間勤務制度などがしっかり充実している傾向にあります。

年に二回のボーナス以外にも、家族手当や資格手当、役職手当などが規定されており、退職金制度や財形制度などの福利厚生が手厚く用意されています。

これらを総合的に判断すると、決して給与所得者の年収平均に見劣りするものではないといえるでしょう。

アルバイト・パートの医療秘書

一方で、規模の小さい病院で医療秘書として働いている場合や派遣社員や契約社員の場合は、やはり給料も低い傾向にあります。

統計は出ていませんが、月収15万円以下ということも珍しくないようです。

また、パートタイマーやアルバイトの場合は平均的に時給が900円~1100円ほどになります。

一般的な水準から見てもそれほど悪い待遇ではないとはいえ、医療秘書というと「専門性が高くて給料も高いのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、実際は一般的な事務職と比べて、それほど差がない金額といってもよいでしょう。

医療現場での仕事といっても医師や看護師のように国家資格を取得した人しか就けないというような職業ではないということが、給料がそれほど高くはない理由のひとつかもしれません。

給料を少しでも高くしたいのであれば、経営の安定している総合病院の求人を探すことや、非正規雇用ではなくて正規雇用の求人を探すことが重要です。

また、医療系の資格を取得している人に手当がつく場合は、関連している資格を多数取得できるように努力することも大切です。

また、非正規での就業の場合はシフト制であったり時短勤務であったりというパターンが多く、他の仕事との掛け持ちや、家事との両立もしやすく、ワークライフバランスをとって私生活を優先したいと考える人にとって、アルバイトやパート形態を選ぶメリットはいくつもあります。

また、土曜午後や日曜、祝祭日が定休日になっているところも多くありますので、週末にお休みが欲しい人や、家庭や子育てと両立して仕事をしたい主婦の人にもより働きやすいといえるでしょう。