保育士の勤務時間・休日

保育士の勤務時間

保育士の勤務体系は、シフト勤務が中心です。

代表的な職場となる保育園では、だいたい朝7時から夜7時くらいまでの時間帯で、子どもを預かります。

この場合、開園している時間は12時間前後となりますが、一人の保育士が12時間続けて勤務するということではなく、複数の保育士がシフト制で、交代しながら子どもの保育を行っています。

シフトの例としては、以下のような体制が一般的です。

・早番:7時頃~16時まで  
・中番:9時~18時まで
・遅番:10時~子どもが帰るまで

1日の実働は8時間程度で、中番を基本として、早番・遅番は1週間のうち2回ほどあるかないか、というケースが多いようです。

ただし、保育園によってシフトの体制は異なるため、あくまでも参考程度に見てください。

保育士の休日

保育士の休日は、一般企業と同じように週休2日制のところが増えているようですが、必ずしも決まった日に休めるとは限りません。

土曜日に保育を行っている施設であれば、休日もシフト制で、週によって休みの曜日が変わることもあります。

よくあるのは、日曜日と平日のどこか1日が休みというパターンで、1ヵ月に計8日休みを取ることができます。

ただし、土曜日は預かる子どもの数も少ないため、必ずしも土曜日に休みを取りにくいというわけではありません。

平常時は有給休暇も取ることができますが、運動会や発表会といった大型イベントの前は、どこの保育園も準備で忙しくなり、休日出勤をして対応をしなくてはならないこともあるようです。

保育士の残業時間

最近では、保護者のニーズに合わせ、延長保育を取り入れている保育園も増えてきています。

そのような保育園では、通常よりも最長で2時間ほど長く子どもを預かるため、保育士の勤務時間もそれに合わせて長くなります。

なかには、夜10時頃など、さらに遅い時間まで預かる保育園や、深夜から朝方にかけて預かる保育サービスを手掛ける保育園もあります。

また、最近多くなっているのは朝早く、9時前に開園する保育園です。

このような、さまざまな時間帯で保育を行う園でも、基本的には複数の保育士が交代で働くシフト勤務となります。

シフトは延長保育に合わせて設定しているところもあれば、延長保育の時間帯にはパート雇用の保育士を配置しているところもあります。

保育士に夜勤はある?

保育士の勤務先によっては、夜勤が発生することがあります。

生活型の児童福祉施設では、24時間体制で毎日子どもの保育やケアをすることになるため、そこでは夜勤もシフトに含まれます。

詳しいシフトの構成は施設によって異なりますが、夜勤だけということは普通なく、日勤の間に夜勤が含まれていくのが一般的です。

とくに24時間体制で動く施設で働く保育士は、勤務時間帯によって業務内容が異なってくる点もあるため、時間に合わせた行動・援助・対応をしていく必要があります。

保育士は忙しい? 激務?

保育士は忙しく、なかなか休めないといった声が聞かれることもあります。

しかし、最近は保育士の労働環境改善に取り組む動きが強くなり、きちんと人員調整を行って残業時間削減に取り組んだり、積極的に有給休暇を取れるようなしくみを整えたりしている園も増えているようです。

行事の前はどうしても忙しくなりますが、仕事には集中して取り組み、休むときはきちんと休むといったように、メリハリをつけて働くことは可能です。

それでも、無認可の保育園では人が足りていない職場もあり、一人の保育士に大きな負担がかかってしまうこともあります。

待遇のよい保育園は人気があるため就職が難しいのは事実ですが、とくに民間の保育園では、園ごとに労働環境にも違いが出やすいとされているため、しっかりと準備をして、自分にとって働きやすいと感じられる就職先を見つけたほうがよいでしょう。

保育士の休日の過ごし方

保育士の休日の過ごし方は人によって異なりますが、土日が休みの職場であれば、連休を利用して少し遠出をするようなこともできるでしょう。

家庭を持っている保育士は、基本的にパートナーや子どもなどの家族と過ごす時間が多くなりますが、独身の保育士はショッピング・映画鑑賞・読書など、趣味に時間を使ってリフレッシュしているようです。

また、保育士の仕事では子どもを抱っこする時間が長かったり、子どもの相手をするために身体を動かすことが多いため、マッサージや整体などに通い、身体のメンテナンスに費やす人もいるようです。

なかには勤務中に終わらなかった書類作成や制作などの仕事を持ち帰り、休みを利用して作業を進める人もいます。

保育士は子どもや保護者など他者との関わりが多く、出勤日は自分一人でゆっくり過ごす時間がなかなかとれません。

思っている以上に心身ともに疲れが溜まりやすいかもしれませんので、休みの日は好きなことをして、しっかりと気分転換することも大事だといえるでしょう。

保育士の1日・生活スタイル